LOGIN ID Password Auto Login Register Now! Lost Password?
Xoops Q&A

X-updateモジュールの不具合

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2012/7/12 11:52 | 最終変更
nonn50  Petty Officer 居住地: ☆☆  投稿数: 69
お世話になります。
リリースされていないモジュールに関することで恐縮です。

X-updateモジュールを、小生の試験サイトと本番サイトの、環境の異なる二つのサーバーにインストールしてみました。
当初インストールしたのは v0.05です。
試験サイトでは快調に動作しており、X-update での xupdate 自身のアップデートができました。

しかし、本番サイトでは、以下のエラー(?)メッセージで、自身のアップデートができませんでした。
make exploredDirPath false: xupdate

X-updateの管理画面にてデバックモードとしてX-update自身をアップデートしようとした際の出力は以下のとおりです。

make exploredDirPath false: xupdate
Host "localhost.localdomain(xxx.x.x.x):21"
Local OS : UNIX
Creating socket
Connected to remote host "localhost.localdomain:21". Waiting for greeting.
Remote OS: UNIX
Supported features: MDTM, MFMT, TVFS, AUTH, MFF, MLST, PBSZ, PROT, REST, SIZE
login failed
Passive mode on
Transfer type: binary
PWD: seekFTP fail
seekFTP fail
make exploredDirPath false: xupdate

ちなみに

管理画面では
アカウント (FTP設定チェック結果 OK)
となっています。



本事象を確認した後、v0.06 ⇒ v0.07 と手動(従来の方法)にてバージョンアップしておりますが、上記の事象は改善されませんでした。
DLL先:https://github.com/XoopsX/xupdate

以上、報告します。


X-updateは、モジュールアップデート時は勿論のこと、初期インストール時においても便利な、画期的な、とても素晴らしいモジュールです。
この場を借りて、開発者に拍手を贈ります。


【本番サイトの環境】
-サイト/システム情報
XC Legacyバージョン : XOOPS Cube Legacy 2.2.1 Beta3
使用言語 : japanese
オペレーティングシステム : Linux 3
サーバー : Apache
PHPバージョン : 5.3.6
MySQLのバージョン : 5.1.57
-PHPの設定
セーフモード : オフ
最大実行時間 : 30 sec.
メモリ制限 : 64Mb
表示エラー : オン
ショートオープンタグ : オン
ファイルをアップロード : オン ( アップロード最大ファイルサイズ:8M, Post最大サイズ:8M )
マジッククオート : オン
グローバル変数の登録 : オフ
出力バッファリング : オン
open_basedir : オフ
url_fopenを許可 : オン (recommended OFF)
DOMの拡張 : はい
exifの拡張 : はい
gettextの拡張 : いいえ (required by recent modules)
JSONの拡張 : はい
XMLを有効 : はい
Curlの拡張 : はい
Zlibを有効 : はい
Soapの拡張 : はい
Mbstringを有効 : はい
Iconvの利用 : はい
GDの拡張 : はい
GD Version: bundled (2.0.34 compatible)
GDの拡張 Image create Truecolor


蛇足ながら【試験サイトの環境】
-サイト/システム情報
XC Legacyバージョン : Distribution Pack XOOPS X (ten) Releaseed
使用言語 : ja_utf8
オペレーティングシステム : FreeBSD
サーバー : Apache
PHPバージョン : 5.2.17
MySQLのバージョン : 5.0.92-log
-PHPの設定
セーフモード : オン
最大実行時間 : 8 sec.
メモリ制限 : 100Mb
表示エラー : オン
ショートオープンタグ : オン
ファイルをアップロード : オン ( アップロード最大ファイルサイズ:2M, Post最大サイズ:8M )
マジッククオート : オン
グローバル変数の登録 : オフ
出力バッファリング : オフ
open_basedir : オフ
url_fopenを許可 : オン (recommended OFF)
DOMの拡張 : はい
exifの拡張 : いいえ (required by recent modules)
gettextの拡張 : はい
JSONの拡張 : はい
XMLを有効 : はい
Curlの拡張 : はい
Zlibを有効 : はい
Soapの拡張 : いいえ (required by recent modules)
Mbstringを有効 : はい
Iconvの利用 : はい
GDの拡張 : はい
GD Version: bundled (2.0.34 compatible)
GDの拡張 Image create Truecolor
投票数:1 平均点:10.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2012/7/12 13:00
nao-pon  Lieutenant   投稿数: 412
nonn50 さん、こんにちは。

> login failed

となっているので、FTPでのログインに失敗しています。
FTP の設定に間違いがないか、今一度ご確認ください。

> 管理画面では
アカウント (FTP設定チェック結果 OK)
となっています。

すみません。現状では設定がされているかどうかのチェックだけで、設定の正当性まではチェックしていません。
この部分は、今後の課題となっています。
投票数:1 平均点:10.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2012/7/12 13:25
nonn50  Petty Officer 居住地: ☆☆  投稿数: 69
nao-ponさん、回答いただき ありがとうございます。

御指導により、X-update »» プリファレンス をいじってみましたところ、利用できるようになりました。

まことに持って、サクサクと動作しています。

今後の発展を期待しています。
投票数:1 平均点:10.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2012/7/14 17:41
nonn50  Petty Officer 居住地: ☆☆  投稿数: 69
再びの関連質問で恐縮です。

先にいたしました質問の中で、「試験サイトでは快調に動作している旨」を申し上げ、「本番サイトのでの不具合」について質問し、回答をいただきました。
おかげさまで、試験サイト・本番サイトともに X-update は快調に動作しています。

本日、新サイトの開設を試みましたところ、X-update に不具合がありましたので、再度質問させていただきます。
なお、新サイトは、前記の試験サイトと同じレンタルサーバー会社を利用しましたが、サーバーの仕様が異なりますので、以下に書きます。

-X-updateの管理画面にてデバックモードとしてX-update自身をアップデートしようとした際の出力は以下のとおりです。


make exploredDirPath false: xupdate
Host "localhost(127.0.0.1):21"
Local OS : UNIX
Creating socket
_connect: socket connect failed (Connection timed out (110))
Error : Cannot connect to remote host "localhost :21"
Cannot connect
make exploredDirPath false: xupdate


ちなみに、管理画面では
アカウント (FTP設定チェック結果 NG)
です。

-(無関係とは思いますが)この時にPHPデバックエラーとして以下が出力しています。
Warning [PHP]: Cannot modify header information - headers already sent in file modules/legacyRender/kernel/Legacy_RenderTarget.class.php line 25
Warning [PHP]: Cannot modify header information - headers already sent in file modules/legacyRender/kernel/Legacy_RenderTarget.class.php line 26
Warning [PHP]: Cannot modify header information - headers already sent in file modules/legacyRender/kernel/Legacy_RenderTarget.class.php line 27
Warning [PHP]: Cannot modify header information - headers already sent in file modules/legacyRender/kernel/Legacy_RenderTarget.class.php line 28
Warning [PHP]: Cannot modify header information - headers already sent in file modules/legacyRender/kernel/Legacy_RenderTarget.class.php line 29
Warning [PHP]: Cannot modify header information - headers already sent in file modules/legacyRender/kernel/Legacy_RenderTarget.class.php line 30

-以前ご指導いただいたように X-update ≫≫ プリファレンス をいじってみましたが、改善されませんでした。

【新サイトの環境】
-サイト/システム情報
XC Legacyバージョン : Distribution Pack XOOPS X (7/14の12時過ぎにDLLしたXoopsX-legacy-fdaaa5f.zip)
使用言語 : ja_utf8
オペレーティングシステム : Linux w
サーバー : Apache
ユーザーエージェント : Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; rv:13.0) Gecko/20100101 Firefox/13.0.1
PHPバージョン : 5.3.3
MySQLのバージョン : 5.5.25

-PHPの設定
セーフモード : オン
最大実行時間 : 30 sec.
メモリ制限 : 128Mb
表示エラー : オフ
ショートオープンタグ : オン
ファイルをアップロード : オン ( アップロード最大ファイルサイズ:2M, Post最大サイズ:8M )
マジッククオート : オフ
グローバル変数の登録 : オフ
出力バッファリング : オン
open_basedir : オフ
url_fopenを許可 : オン (recommended OFF)
DOMの拡張 : はい
exifの拡張 : はい
gettextの拡張 : はい
JSONの拡張 : はい
XMLを有効 : はい
Curlの拡張 : はい
Zlibを有効 : はい
Soapの拡張 : はい
Mbstringを有効 : はい
Iconvの利用 : はい
GDの拡張 : はい
GD Version: bundled (2.0.34 compatible)
GDの拡張 Image create Truecolor

-コアXOOPSをインストールしたばかりです。
モジュールは、必須と推奨のみがインストールされた状況です。

以上、よろしくお願いします。
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2012/7/16 21:04 | 最終変更
nonn50  Petty Officer 居住地: ☆☆  投稿数: 69
引き続き、書き込みいたします。

本番サイトと同じサーバー内に、別サイトを開設しました。
XoopsX-legacy-fdaaa5f をDLLし、文字コードをUTF-8としてまるっきり新規に構築しました。
(サーバーがことなるだけで、先に不具合を報告・質問した「試験サイト」と同様の方法で工事しました。)

試験サイトとは異なり、別サイトでは X-update は快調に動作していることを報告します。

これにより、XoopsX-legacy-fdaaa5f に同梱されているモジュール以外で、X-updateのストア内のモジュールの一部を X-updateにてインストールすることができました。
ただし、d3downloads、myalbum、none、openid 、pico、xpress、xsns、d3diary、xugjmcdel 、myckeditor 、chalog は未検証です。


詳細な検証はこれから行いますが、X-updateにてインストールしたものは XpWiki 以外は動作します。

■xpWikiについては、
http://hogehoge/modules/xpwiki/admin/index.php
にて管理画面に行く時及び
http://hogehoge/modules/xpwiki/
にて以下のエラーメッセージ(PHPデバックエラーではありません)が表示されます。
これにより管理画面にいけない為、データーベースシクンロを行うことができません。
Fatal error: Class 'XoopsErrorHandler' not found in /xoops_trust_path/modules/xpwiki/class/convert_html.php on line 177

●FTPにて、覗いたところ以下のことが判りました。

html側/modules/xpwiki/private/counter/ デリクトリーのパーミッションが(644)と自動設定されていました。本来は(707)では??
なお、html側/modules/xpwiki/private内の他のディリクトリーは所定の(707)と自動設定されていました。

html側/modules/xpwiki/private/wiki/ 内に X-update により転送されたファイルのパーミッションが(644)として設置された。本来は(606)では??
これらのファイル所有者はサーバー会社の管理人となっており、小生がパーミッションを変更することができません。
類似症状が「/private/cache」or「/private/dif」でもありました。

以上、取り留めのない書込みになりましたが、報告します。


サイト/システム情報
XC Legacyバージョン : XOOPS Cube Legacy 2.2.1 Beta3
デフォルト・サイトテーマ : pack2011_default
デフォルトのテンプレート・セット : default
使用言語 : ja_utf8
デバッグモードを有効にする : PHPデバグ
オペレーティングシステム : Linux 3
サーバー : Apache
ユーザーエージェント : Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; rv:13.0) Gecko/20100101 Firefox/13.0.1
PHPバージョン : 5.3.6
MySQLのバージョン : 5.1.57-log

PHPの設定
セーフモード : オフ
最大実行時間 : 30 sec.
メモリ制限 : 64Mb
表示エラー : オン
ショートオープンタグ : オン
ファイルをアップロード : オン ( アップロード最大ファイルサイズ:8M, Post最大サイズ:8M )
マジッククオート : オン
グローバル変数の登録 : オフ
出力バッファリング : オン
open_basedir : オフ
url_fopenを許可 : オン (recommended OFF)
DOMの拡張 : はい
exifの拡張 : はい
gettextの拡張 : いいえ (required by recent modules)
JSONの拡張 : はい
XMLを有効 : はい
Curlの拡張 : はい
Zlibを有効 : はい
Soapの拡張 : はい
Mbstringを有効 : はい
Iconvの利用 : はい
GDの拡張 : はい
GD Version: bundled (2.0.34 compatible)
GDの拡張 Image create Truecolor
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2012/7/17 9:41 | 最終変更
nao-pon  Lieutenant   投稿数: 412
nonn50 さん、こんにちは。

まずは、先の投稿分の

> Host "localhost(127.0.0.1):21"
Local OS : UNIX
Creating socket
_connect: socket connect failed (Connection timed out (110))
Error : Cannot connect to remote host "localhost :21"
Cannot connect

ですが、FTPサーバーの接続に失敗しています。
X-update の管理画面 - 一般設定にて
「SSL(FTPS)を使用する。 」を有効にして、適切にポート番号を設定してみてください。

あと、

> Fatal error: Class 'XoopsErrorHandler' not found in /xoops_trust_path/modules/xpwiki/class/convert_html.php on line 177

の件ですが、これはサーバーのセッティング、詳しくは eAccelerator という PHP アクセレーターと XOOPS の XoopsErrorHandler クラスの相性による問題かも知れません。もしそうであるなら、サーバー側で eAccelerator による html/class/errorhandler.php キャッシュをしないように、設定してもらえるなら解決するかも知れません。
XoopsErrorHandler で対策できるかどうかは、まだわかりません。

> html側/modules/xpwiki/private/wiki/ 内に X-update により転送されたファイルのパーミッションが(644)として設置された。

に関しては、ファイルオーナーが HTTPサーバーではありませんか?
xpWiki の wiki内などのファイル転送は、X-update ではなく xpWiki が PHP 実行者として、ファイルコピーを行なっていますので、そのパーミッションで運用上は問題ないと思います。
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2012/7/17 11:16
nao-pon  Lieutenant   投稿数: 412
これは、X-update に関することではないのすが、便宜上ここに書きます。

> Fatal error: Class 'XoopsErrorHandler' not found in /xoops_trust_path/modules/xpwiki/class/convert_html.php on line 177

に関しての追記です。

html/class/errorhandler.php を次のファイル

http://xoops.hypweb.net/modules/xelfinder/index.php/view/1466/errorhandler.ph...

に差し替えると、どうなりますか?
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2012/7/17 15:37 | 最終変更
nonn50  Petty Officer 居住地: ☆☆  投稿数: 69
nao-ponさん
回答いただき、ありがとうございます。


●msg# 1.1.1.1にて質問させていただきました件について

>X-update の管理画面 - 一般設定にて
>「SSL(FTPS)を使用する。」を有効にして、適切にポート番号を設定してみてください。

との御指導について、「SSL(FTPS)を使用する。」以外にも色々な組み合わせを試行していますが、(FTP設定チェック結果 NG) の状況は変わりませんでした。


●msg# 1.1.1.1.1にて報告させていただきました件について

報告させていただいた別サイトは、当方の都合により 閉鎖・除去いたしました。
したがって、以下のファイルを差し替えての検証を行うことができません。
html/class/errorhandler.php

御手数をお掛けしながら、当方の勝手都合で大変申し訳ありませんでした。
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2012/8/3 16:16
nao-pon  Lieutenant   投稿数: 412
nonn50 さん、原因が判明しましたので X-update を修正し GitHub を更新しました。

原因は二つありました。

一つ目は、Webサーバーが 127.0.0.1 として自己ホストへアクセスできない設定のようでした。
そこで、X-update の一般設定に「FTP サーバー」の項目を設けましたので、そちらにサーバーの実IPアドレスを設定してください。

二つ目は、XOOPS_ROOT_PATH が FTP ログイン時のルートディレクトリになる設定のサーバーでした。
このようなケースに X-update が対応できていませんでしたのでこれも修正いたしました。

GitHub から最新版のアーカイブを取得して、サーバーに転送後、モジュールアップデートをしてから一般設定を開き「FTPサーバー」を設定してお使いください。
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2012/8/3 18:48
nonn50  Petty Officer 居住地: ☆☆  投稿数: 69
nao-ponさん、お手数を御掛けしました。

最新の X-update をインストールし、御指示のとおりにすることで、本件は解消できました。

ありがとうございました。

X-update は、使い出したら止められませんね(大笑)
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2012/8/4 11:43 | 最終変更
nonn50  Petty Officer 居住地: ☆☆  投稿数: 69
話の流れ上、このスレッドに書いた方が良いのかな~と思い、連投します。

https://github.com/XoopsX/legacy
から「XoopsX-legacy-5e7566a」(08/03 PM時点)をDLLし、文字コードをEUC-JPとしてコアをインストールし、同梱されているX-updateモジュールによりストア内に掲載されている全モジュール(下記を除く)をインストールする実験を行いました。

結果として、一部モジュールにおいて軽微な不具合があるものの、基本的にX-updateモジュールはEUC-JPにても快調に動作できることを確認しましたことを報告します。

【実験から除外したモジュール等】
-xpress (UTF-8版である)
-legacy (下記、蛇足参照)
-mobile_templates (格納されるディリクトリーが不明)
-テーマ (文字コードが不明)

【軽微な不具合】
-G-navi
--以下のディリクトリーが自動生成されず、手動で作成。
当然、パーミッションも手動で設定した。
/uploads/gnavi
/uploads/gnavi/thumbs

-d3downloads
--以下のディリクトリーが自動生成されず、手動で作成。
当然、パーミッションも手動で設定した。
xoops_trust_path/uploads/d3downloads

-myckeditor
インストール ログに文字化け発生
>モジュールインストール ログ
テンプレート myckeditor_textarea.html をインストールしました
テンプレート myckeditor_textarea_bbcode.html をインストールしました
ブロック �糸�����k.k.���� をインストールしました
ブロックテンプレート myckeditor_blocks_photo.html をインストールしました
コンフィグ filemanager を追加しました
コンフィグ flashmanager を追加しました
コンフィグ imagemanager を追加しました
コンフィグ uploadablegruops を追加しました
コンフィグ imallowgruops を追加しました
コンフィグ fckdigits4userdir を追加しました
コンフィグ entermode を追加しました
コンフィグ resizebyimagemagick を追加しました
コンフィグ resizepixels を追加しました
コンフィグ thumbsbyimagemagick を追加しました
コンフィグ thumbspixels を追加しました
コンフィグ thumbstype を追加しました
コンフィグ pgrthumbmode を追加しました
コンフィグ overcopy を追加しました
コンフィグ usesiteimg を追加しました
コンフィグ rootpath を追加しました
コンフィグ rooturl を追加しました
コンフィグ cachepath を追加しました
コンフィグ cacheurl を追加しました
コンフィグ userewrite を追加しました
コンフィグ usetrustim を追加しました
myckeditor モジュールのインストールに成功しました



*options
>インストール時のみコピーするファイルまたはファイルが存在するディレクトリ(アップデート時もチェック入れると上書き)

にて、.htaccess にてチェックを外していても上書きされる。


【蛇足】
html側/modules/legacy/language/japanese
ディリクトリー内のかなりのファイルが、
/extra_languages/japanese/modules/legacy/language/japanese
ディリクトリー内のファイルと重複していました。(X-updateモジュールによる自動アップデート時に、EUC-JPにも対応できるようにした為と推察しています。)
FTP時にこれらのファイルは、extra_languages内のものを採用して、すべて上書き処理とした。

詳細なファイル内容の比較は行っておりませんが、前記の二つのディリクトリー内のファイルには差異が有るのではないか??と考えております。
※当初、「html側/modules/legacy/language/japanese」内のファイルをFTPしましたが、「グループ名」が設定されない事象が発生しました。
小生のFTPミス等も考えられる為、言及いたしませんが..
投票数:0 平均点:0.00
  条件検索へ

Back to Page Top
MainMenu
Manuals
Search
XOOPS Official & Dev.
XOOPS Communities