LOGIN ID Password Auto Login Register Now! Lost Password?
Xoops Dictionary
頭文字別
A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z
あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ・ん  その他  すべて

さ行

(1) 2 3 »

ソーシャルブックマーク

読み:そーしゃるぶっくまーく  
解説:ソーシャルブックマーク(Social Bookmark、略:SBM)は、ブックマークをインターネット上に公開して、不特定多数の人と共有できるサービス。「はてブ」ってよく聞くけど「はてなブックマーク」の略称だ。これもSBM。他にはYahoo!ブックマーク、livedoorクリップなんてのもある。

サーバ

読み:さーば  
解説:そのコンピュータ内に保存してあるファイルを、ネットワークで繋がっているコンピュータ([[クライアント(PC)]])に配信するソフトウェア、又はそれが稼動しているコンピュータ。インターネット技術の中核で、多くの場合はUNIX系統のOSに[[Apache]]に代表されるサーバソフトウェア群を組み込むことで、ウェブサーバとして機能するようになる。個人ユースのパソコン内にも構築することは可能だが、安全なサーバを組上げるには一定以上のスキルが必要。一般ユーザは大規模サーバの一角を間借りする「[[レンタルサーバ]]」というサービスを利用する方が無難といえる。

サーバー

読み:さーばー  
解説:[[サーバ]]を参照。ついでに[[ー]]も参照

サーバサイドスクリプト

読み:さーばさいどすくりぷと  
解説:perlや[[PHP]]など、サーバ側に実行プログラムがあり、サーバ側で動作するプログラム技術、またはそのためのスクリプト(実行用ファイル)。XOOPSはPHPプログラムなので、サーバサイドで動作している。反対の技術として[[クライアントサイドスクリプト]]がある。

Xaio

読み:ざいお?  
解説:XOOPS All In OneOCEAN NETで配布しているローカル用[[XOOPS]]テスト環境。バーチャルなサーバユニットの中に[[Apache]]、[[PHP]]、[[MySQL]]、[[XOOPS]]が入っている。手間無くテスト環境を構築できるので人気が高い。[[XSAS]]と双璧だが、こちらはどちらかというと初心者向きか。完全にスタンドアローンなローカル仕様で、イントラネットにも使用できない。読み方は「しゃいお」という説もある。

サイト閉鎖

読み:さいとへいさ  
解説:緊急のメンテナンスなどで一時的に閉鎖、もしくはサイトのログインの制限をしている状態です。緊急の場合は管理者にエールを送りましょう。

サニタイズ

読み:さにたいず  
解説:英語で無害化。悪意ある攻撃を避けるために文字列をコンバートする時によく使われるが、基本的な部分で間違って利用されることの方が多い。

CSRF

読み:しーえすあーるえふ  
解説:Cross Site Request Forgeries。権限を持ったユーザ([[XOOPS]]であればサイト管理者)本人に、不正なリクエストを発効させる攻撃。[[XOOPS]]に備わっているCSRF攻撃を防ぐ手段が、ユーザの投稿を妨げる問題になっていることも多い。

CSS

読み:しーえすえす  
解説:カスケーディング・スタイルシート=Cascading Style Sheets[[W3C]]の勧告のひとつで、ウェブページのデザイン要素を表現する為の規格及び、その書式で書かれたファイル自体。[[HTML]]とセットで使用され、[[HTML]]は文書構造を、その他のデザイン要素は全て[[CSS]]で行なうことが望ましいとされている。

CSS原理主義

読み:しーえすえすげんりしゅぎ  
解説:[[W3C原理主義]]の中でも特にCSSにこだわりを持つ一派。fontタグやcenterタグ、そして最大の特徴に表組み以外でのtableタグの使用を認めないといった教義がある。「構造化」が祈りの言葉である。[[モヒカン族]]によれば「DIV厨」「デザイン排除派」「デザイン派」「lint派」「アクセシビリティ過激派」などの流派があるらしい。

CMS

読み:しーえむえす  
解説:Contents Management System=コンテンツ管理システム [[XOOPS]]に代表される、主に[[PHP]]とデータベースを利用した、ウェブサイト構築用アプリケーション。通常ウェブ[[サーバー]]のユーザ領域に組み込む形で使用される。

CGI

読み:しーじーあい  
解説:Common Gateway Interface ウェブ[[サーバー]]上で動作する[[サーバー]]サイドプログラム技術の仕組み。CGIの正確な定義は非常に難しいが、おおまかには[[HTTPd]]が新たなプロセスを生成して、プログラムを実行するものといえる。これと対比されるのが、[[HTTPd]]モジュールであり、こちらは[[HTTPd]]自身がプログラムを実行することに違いがある。[[PHP]]には、その両方のバージョンがあり、CGIであるか[[HTTPd]][[モジュール]]版であるかによって、大きく挙動が違う点に注意が必要である。なお、CGI=Perlという誤解は致命的で、[[サーバー]]サイドスクリプトの動かし方とプログラミング言語は完全に独立した概念である。世界には、CやPython・Rubyで書かれたCGIは数多く存在する。もちろん、[[XOOPS]]もCGI版[[PHP]]で動かせば、CGIといえる。

GPL

読み:じーぴーえる  
解説:[[オープンソース]]・ソフトウェアの主流なライセンスのひとつ。GNU General Public Licenseのこと。自由に複製・改変・再配布が認められており商用も可能だが、ソフトウェア内のひとつでもGPLライセンスの部分が含まれていればこれに縛られなければならず、しばしば「汚染」と表現される。

CVS

読み:しーぶいえす  
解説:バージョン管理システム。[[XOOPS]][[コア]]の開発も、sourceforge.net(Cubeはsourceforge.jp)上のCVS[[レポジトリ]]で行われている。

JPEx

読み:じぇいぴーいーえっくす  
解説:[[XOOPS Cube]] プロジェクトは当初 [[X2]] ベースのコアを 2.0.16a-JPまでリリースしたものの、[[XCL]] 2.1 の安定化と共に、[[X2]]ベースコアは開発終了となった。それでもユーザから見ると、その2.0.16a-JPは安定性も高く、過去の資産がそのまま利用できるので現在でも人気は高い。(ただし、新しいMySQLバージョンで利用する場合など、手を入れなければいけない箇所も多く、敷居が低いわけではない)その2.0.16a-JPをベースに、monsuke氏が新しい環境への対応と、新機能を搭載したコアバージョンがJPExである。2008年11月現在では、1.4が最新。X2ベースであるため、XCL2.1専用モジュールは動作しない。本来の仕様を守ったD3モジュールであれば動作する。

JP版

読み:じぇいぴーばん  
解説:[[XOOPS]]においては、特に[[フォーク]](2.0.10jp)以降、日本の開発チーム独自でリリースされた[[コア]]バージョンのこと。

Shade

読み:しぇーど  
解説:[[XOOPS Cube]]のコンセプトモデルとして開発されている[[ベースモジュール]]。XOOPS Cubeコアに、まったく新しいシステムを載せたもので、同じXOOPS Cubeであっても、互換性を最優先したXOOPS Cube [[Legacy2.1]]とは対角に位置する。

敷居が高い

読み:しきいがたかい  
解説:高機能であればあるほど複雑になり、特に画面上のインタフェースがわかりづらい場合などに用いられる。また、掲示板など内容が高度である場合に新規参加者が書き込みづらい場合にも用いられる。ただし、敷居が低ければ良いか?というとそうでもない。敷居が低くなると、教えて君のように自分でできることをしないで、調べもせずに質問ばかりする人が増えてくる。

システムモジュール

読み:しすてむもじゅーる  
解説:XOOPS 2.0.x において、唯一、特別の地位をもった[[モジュール]]。モジュールでありながら換装不能であり、[[コア]]の構成要素とも言える。XOOPS Cube 2.1 では廃止予定。

zip

読み:じっぷ  
解説:Windowsで最も一般的なファイルアーカイブ形式。[[Unix]]でも[[Mac]]でも、比較的容易に利用可能であるため、共通のプラットフォームとして利用されることが多い。


(1) 2 3 »
Powered by Xwords  based on Wordbook
Back to Page Top
MainMenu
Manuals
Search
XOOPS Official & Dev.
XOOPS Communities