LOGIN ID Password Auto Login Register Now! Lost Password?
Xoops Dictionary
頭文字別
A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z
あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ・ん  その他  すべて

は行

(1) 2 »

パーミッション

読み:ぱーみっしょん  
解説:permission[[UNIX]]系サーバにおけるファイルや[[ディレクトリ]]の所有権及び属性のこと。アクセスレベルを「オーナー(所有者)」「グループ」「その他」の三つに分け、それぞれに対してread(閲覧)write(書き込み)execute(実行)の権限を割り振る。基本はrwxr-xr-x等と書き表すが、これを8進数に直した値も多く使用される。(例の場合は755)この概念を理解せず的確な属性を付与できないと、UNIX上でプログラムは作動しない。=属性

バグ

読み:ばぐ  
解説:(bug)プログラムをコーディングした際の欠陥、書き間違い。数千行(もしくは数万行〜数百万行)に及ぶプログラムでは、このバグを完全に無くすことはほぼ不可能と考えてよい。大手ソフトハウスの製品では、数百人が発売前にテストしてバグ取りをするが、それでも数多くのバグが残る。一般的にバージョンを重ねるごとに少しずつ減るものと考えた方が良いだろう。なお、オープンソースの開発者にバグを指摘するときは、よっぽどバグだと確信があるとき以外は、出来るだけ「バグ」という言葉は使わない方が良い。「あなた、失敗してますね?」と尋ねるようなものだからだ。大体そんなのに限って、環境の問題だったりユーザの設定ミスだったりすることが多い。「こんなふうになりましたが、原因はなんでしょう?」と聞くのがスマート。関連語[[デバッグ]]

Hacker

読み:はっかー  
解説:完全に誤用されたものが広まってしまった言葉。本来はプログラム技術に精通した高スキルを持つ人たちに対する尊称。ハッキングという言葉も元来はソースコードを改造してより良いプログラムに改造する意味であった。どこから誤用が始まったかは知らないが、不正な手段で他者のコンピュータに侵入したり、プログラムを破壊する人物のことを指す事になってしまった。特に非技術系のマスコミュニケーションでその傾向が見られる。それらの不法な技術は[[Crack]](クラック)と呼び、その技術を悪用する人間はクラッカーと呼ぶのが正しい。今でも良心的な技術系メディアでは正しい用法でこの言葉を使用しているし、XOOPSにおいてもPHPソースを改造することを[[Hack]]と呼んでいる。

Hack

読み:はっく  
解説:プログラムを高い技術力で書き換え、より良いものにする技術。=ハッキング悪意を持って不法行為をすることは[[Crack]](クラック)と呼ばれ区別される。XOOPSにおいては[[PHP]]ソースコードを直接書き換えて希望の動作にすること。

patTemplate

読み:ぱっとてんぷれーと  
解説:[[Smarty]]と同じく[[PHP]]の拡張テンプレート[[エンジン]]のひとつ。Smartyに比べてデザイン的アプローチがしやすいといわれている。

バナー

読み:ばなー  
解説:1)インターネット内で行なわれている長方形の画像を使用した広告システム、又はその画像の形式のこと。2)XOOPS基本機能で用意されている機能の一つ。広告風に画像を表示することができ、クリック数などもカウントされます。

BSD

読み:びーえすでぃー  
解説:Berkeley Software Distribution [[UNIX]]と同じく主に[[サーバー]]に多く利用されるOS。商用への道へ歩んでいった[[UNIX]]から派生して、カリフォルニア大学バークレー校で開発された[[オープンソース]]のフリー[[UNIX]](PC-UNIX)。[[Linux]]のシェアが現在のように増えるまでは、代表的な非商用サーバOSだった。FreeBSDやNetBSDなど、フォークした様々な形態が存在する。[[Mac]] OS XもベースはBSDである。

BSDライセンス

読み:びーえすでぃーらいせんす  
解説:BSDに採用されている[[オープンソース]]・ソフトウェアのライセンス。GNU [[GPL]]のようにいつまでもそのライセンスに縛られることが無く、比較的制限のゆるいライセンス。

PHP

読み:ぴーえっちぴー  
解説:[[HTML]]ファイル内に記述するタイプのスクリプト言語です。[[XOOPS]]は[[php]]で記述されていますので、開発するには[[php]]コードを覚えることから始まります。

PHPデバッグ

読み:ぴーえっちぴーでばっぐ  
解説:XOOPSコアに用意されている、ソースコードを[[デバッグ]]する為の仕組み。XOOPS2.0.13以降はデフォルトでオンになっている。これをオンにしておくことにより、プログラムの記述ミスやDBとの不整合など様々な局面でのトラブルの原因が掴みやすくなる。ただし、たいしたトラブルでないにもかかわらず、[[エラー表示]]を一目見ただけで頭の中が[[真っ白]]になってしまう人たちもいるので、取り扱いには注意が必要。

phpbb

読み:ぴーえっちびーびー  
解説:海外でよく利用されるフォーラムアプリケーション。[[newbb]]の元になった。

phpMyAdmin

読み:ぴーえっちぴーまいあどみん  
解説:データベースの[[テーブル]]を直接編集できるツール。最近の[[レンタルサーバ]]には標準で[[インストール]]されている事も多い。

PM

読み:ぴーえむ  
解説:[[プライベートメッセージ]]と同じ

BB Code

読み:びーびーこーど  
解説:[[XOOPS]]や掲示板システムなどで使用されている、[[HTML]]を簡素化したタグ言語。

127.0.0.1

読み:ひゃくにじゅうななてんぜろてんぜろてんいち  
解説:操作中のパソコン自身を表すIPアドレス。[[localhost]]によってこのIPアドレスに解決されることが多いが同義ではない。

標準モジュール

読み:ひょうじゅんもじゅーる  
解説:XOOPS 2.0.x のアーカイブに最初から含まれているモジュール群。すでにその役目は終えており、Cube 2.1 や、本家2.2では、アーカイブからも外されている。

Firefox

読み:ふぁいやーふぉっくす  
解説:Geckoエンジンを搭載したブラウザー。IEよりも[[html]]の解釈が正しく、また[[Mac]]とWinの見た目が同じ。Web構築時にはIEとFirefoxとの両方のチェックが必要となるが、Firefoxの拡張機能を使えばIEエンジンに切り替えることができるので便利。

フォーク

読み:ふぉーく  
解説:分裂すること。系統が枝分かれすること。ソフトウェア開発の世界では、方針の違いなどにより開発系統が枝分かれして個別に分裂することを、食器のフォークになぞらえてこう呼ぶ。例としては、XOOPSはPHP NukeからフォークしたmyPHP Nukeよりさらにフォークしており、そのXOOPSから2005年にフォークしたのがXOOPS Cubeプロジェクトである。

プライベートメッセージ

読み:ぷらいべーとめっせーじ  
解説:XOOPS内でユーザ同士が簡易にメッセージを送ることができる機能。PMと略称される。

フラット

読み:ふらっと  
解説:掲示板や[[コメント]]での投稿の並べ方形式のひとつ。時間軸で一律に並べる方式。一度に多くの投稿を目にすることができるが、どの投稿が誰に向けて投げられたものかが解り難い欠点がある。


(1) 2 »
Powered by Xwords  based on Wordbook
Back to Page Top
MainMenu
Manuals
Search
XOOPS Official & Dev.
XOOPS Communities