LOGIN ID Password Auto Login Register Now! Lost Password?
Xoops Dictionary
頭文字別
A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z
あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ・ん  その他  すべて

S

SSH

読み:えすえすえいち  
解説:Secure Shell(セキュアシェル)。コマンドベースの通信方法で、通信内容が暗号化されている。

SSL

読み:えすえすえる  
解説:Secure Socket Layer(セキュア・ソケット・レイヤー)の略。インターネット上で情報を暗号化して送受信するプロトコル。ちなみに、サーバとブラウザの間の通信を暗号化してデータのやり取りをしているのが[[https]]である。

SVN

読み:えすぶいえぬ  
解説:[[sourceforge.jp]]で使われるバージョン管理システム。SubVersion。[[CVS]]よりも新しい。

Shade

読み:しぇーど  
解説:[[XOOPS Cube]]のコンセプトモデルとして開発されている[[ベースモジュール]]。XOOPS Cubeコアに、まったく新しいシステムを載せたもので、同じXOOPS Cubeであっても、互換性を最優先したXOOPS Cube [[Legacy2.1]]とは対角に位置する。

Shift_JIS

読み:しふとじす  
解説:JIS(日本工業規格)コードを拡張した、日本語エンコード形式。Microsoftが提唱し、現在ではもっとも一般的な形式としてWinや[[Mac]]を始めとして、インターネット上でも利用されているが、[[XOOPS]]では基本的に使用できない。[[XOOPS]]では[[EUC]]を使用していた。※現在の[[XOOPS Cube]]では[[UTF-8(Unicode)]]が標準[[XOOPS]]のファイルをWindowsの「メモ帳」で開いただけで[[EUC]]から[[Shift_JIS]]に変換されてしまうので注意。

Smarty

読み:すまーてぃ  
解説:[[PHP]]の拡張[[テンプレート]]システムの名称。またはそこで使われる変数のこと。=Smarty変数。[[XOOPS]]では、2.0になってから大幅に導入されている。通常Smarty変数は$で始まり、$hogeというような記述になるが、[[XOOPS]]ではというようにカッコでかこまれて使用される場合が多い。

sourceforge.jp

読み:そーすふぉーじどっとじぇーぴー  
解説:[[オープンソース]]ソフトウェアの開発者向けに、[[リポジトリ]]環境を提供している米国SourceForge.netの日本版。VAリナックスのOSDN事業部が運営している。オープンソースの開発者(及びチーム)であれば誰でも登録ができ、サーバスペースを利用することができる。XOOPS Cube開発チームも登録されている。


Powered by Xwords  based on Wordbook
Back to Page Top
MainMenu
Manuals
Search
XOOPS Official & Dev.
XOOPS Communities