LOGIN ID Password Auto Login Register Now! Lost Password?
Documents
トップ  >  About XOOPS  >  XOOPS年表
history.gif
XOOPS日本国内の主な動き
2002/01 小野和己(onokazu)氏、myPHPNukeをベースにXOOPSを発表
国際公式サイトxoops.org開設・ほぼ同時期にonokazu氏によりXOOPS日本公式サイト開設・XOOPS v1RC1 リリース
2002/02 XOOPS v1RC2リリース・日本語パッチ発表
2002/06 XOOPS v1RC3リリース
2002/08 日本に先駆けて台湾でXOOPS書籍発売
2002/12 正規安定版XOOPS 1.3.0リリース。Smarty導入版RC4はv2betaとなる。同時期にXOOPSへのSmarty導入に否定的なグループがE-XOOPSとして離脱(後にRunCmsと改称)
2003/02 XOOPS 2.0RC1、RC2リリース
2003/03 XOOPS 2.0RC3リリース
2003/04 XOOPS2.0正式バージョンリリース
ver.1系最終XOOPS1.3.10リリース
2003/06 第一回XOOPSイベント開催
ELF氏XOOPS Wikiを設置
2003/09 第二回XOOPSイベント開催
本家サイトにおいてonokazu氏をコア開発リーダーに置いた新開発チームを編成
2003/12 技術評論者より国内初のXOOPS解説書「XOOPS コミュニティサイト 構築ガイド」(高井守、インフォリグ 著)発売
2004/02 第三回XOOPSイベント開催
2004/05 XOOPS入門(坂井 恵・天野 龍司 著)発売
2004/06 このころ本家においてonokazu氏がサイト運営メンバーから外される
2004/09 Marijuana氏「俺的XOOPS」発表
ITmedia上で月刊「XOOPSコミュニティ通信」始まる(sakaik氏)
OSC(オープンソースカンファレンス)初参加
2004/12 日本独自バージョン2.0.9aリリース。この頃より本家との方針の違いが明確となる。
2005/03 OSC2005Spring参加
2005/04 XOOPS日本チームは本家版2.0.10をサポートしない事を表明
2005/05 onokazu氏を中心に「日本発XOOPSプロジェクト」を発足
CustomizingXOOPS(matchan・GIJOE著)発売
初の単独大型イベントXOOPSオープンカンファレンス(第四回XOOPSイベント)開催
2005/06 独立後初の日本独自バージョン2.0.10JPをリリース。これ以後本家版と互換性が無くなる。
2005/07 日本発XOOPS新名称「XOOPS Cube」発表
2005/09 XOOPS Cube新公式サイトに移行・XOOPS Cubeロゴ決定。
OSC2005Fall出展
2005/10 FAQサイトXOOPS-FAQ設置(chatnoir氏他)
2005/12 公式サイト上でフォーラムでの営利問題勃発
2006/01 XOOPS Cube 2.1alpha1リリース。
2006/02 公式サイト上での営利活動の禁止処置(暫定)が発表される
2006/03 OSC2006Spring出展、6つのセッションを開催
XUGJ設立
2006/04 XUGJサイト開設
XOOPS2.0.14JP(Notice問題に対処)
2006/05 XOOPS Cube2.1alpha3リリース
2006/07 XOOPS2.0.16JP
XTC2006(XOOPS Cube東海カンファレンス)が名古屋にて開催。参加人数、講師ともこれまでの最大規模。
2006/10 XOOPS Cube Legacy Betaリリース
OSC2006Tokyo/FallにプロジェクトチームとXUGJが初の共同参加。
2007/01 XOOPS Cube Legacy2.1RCリリース
2007/03 OSC2007Spring出展XOOPS Cube Legacy2.1関連の発表が中心
2007/04 プロジェクトチームはメインサイトを sourceforge.net に移動。これによりxoopscube.jpは公式から降り、「XOOPS Cube日本サイト」となる。なお、新たなオフィシャルサイトにはプロジェクト直轄の国際公式サイトxoopscube.orgがその任に当たる。このサイトにおいて旧公式サイトは「Japanese Support」として紹介されている。
XOOPS Cube Legacy 2.1.0リリース。プロジェクト開始から2年弱を経て正規安定版となる。
2007/06 XOOPS Cube Legacy 2.1.1リリース
2007/09 XOOPS Cube Legacy 2.1.2リリース
2007/10 OSC2007FallにXOOPS Cube OSC 出展委員会が参加。
第1回XOOPS Cube Developers Meeting(XOOPS Cube開発者会議)開催
2007/12 OSC FukuokaにXOOPS9(XOOPS九州)が参加。
2008/01 XOOPS Cube Legacy 2.1.3リリース
2008/02 OSC2008 Tokyo/Springにホダ塾が参加。
2008/03 初のXOOPS Cubeディストリビューション、「ホダ塾ディストリビューション HD1.0」が配布開始。
2008/03 XOOPS Cube Legacy 2.1.4リリース
2008/07 XOOPS Cube Legacy 2.1.5リリース
2008/08 OSC2008島根にて、XOOPS Cubeセミナー
ホダ塾ディストリビューション HD1.0.2リリース
XOOPS Cube オフィシャルウェブサイト(β)日本語版開設
2008/09 XOOPS JPEx 1.1リリース
2008/10 OSC 2008 Tokyo/Fall にホダ塾HDが出展
2008/11 XOOPS Cube Legacy 2.1.6リリース
2009/02 OSC2009 Tokyo/Springにホダ塾が参加
2009/02 XOOPS Cube Legacy 2.1.7リリース
2009/07 OSC 2009 KansaiにXOOPS Cube & HDが参加
2009/08 OSC 2009 NagoyaにXOOPS Cube Tokaiが参加
2009/09 第1回XOOPS Cubeサタデーラボ(RYUS主催のXC勉強会)
2009/10 OSC 2009 Tokyo/FallにXOOPS Groupware Projectが参加
2010/02 OSC 2010 Tokyo/SpringにXOOPS Cube Projectが参加
2010/03 XOOPS Cube Legacy 2.1.8リリース
2010/04 XOOPS Cubeカンファレンス2010開催
2010/08 OSC 2010 NagoyaにXOOPS Cube Tokaiが参加
2010/09 XOOPS Cube Legacy 2.2.0 Beta 1 リリース
2010/11 XOOPS Cube Legacy 2.1.8aリリース
2011/04 XOOPS Cube Legacy 2.2.0リリース
2011/06 XOOPS Cube Ver2.2 リリースパーティー(マイクロソフト本社にて)
2011/07 ゆるゆるXOOPS Cube 勉強会 名古屋にて開催
2011/08 GIJOE 氏と Herve Thouzard 氏が XOOPSの殿堂入り(本家)
2011/09 xCCK & factory セミナー開催
2011/10 OSC 2011 Tokyo/Fall プロジェクトチーム、Pack2011、TOKYOPenの合同で参加
Distribution Pack2011リリース
2011/12 ディストリビューションTokyoPen1.0リリース(事実上のフォーク)
XOOPS Cube Legacy 2.2.1betaリリース
2012/01 TokyoPen2.0aリリース
2012/03 OSC 2012 Tokyo/Spring プロジェクトチームとPack2011は合同、TOKYOPenは単独で参加
Distribution Pack2012(XOOPS X)リリース
2012/06 マイクロソフト日本本社において、XOOPS Cube Conference 2012開催。
xoopscube.jpの管理者がonokazu氏からbluemoon氏に移ることとなった。
プリンタ用画面
前
バグレポートについて
カテゴリートップ
About XOOPS
Back to Page Top
MainMenu
Manuals
Search
XOOPS Official & Dev.
XOOPS Communities