LOGIN ID Password Auto Login Register Now! Lost Password?
XOOPS2BasicManual
About XOOPS
JavaScriptをOnでご覧ください。

2.8 モジュール管理詳細

モジュール管理画面では、モジュールの構成の管理を行います。
この画面の構成は、上部のブロックに現在インストールされているモジュールのリストを表示しており、下部のブロックには、サーバーにアップロードされているモジュールのリストを表示しています。
インストールされたモジュール管理

上部ブロックのインストールされたブロックでは、以下の項目について管理が可能です。

  1. モジュールの表示名の変更
  2. 表示順(並び順)の変更
  3. モジュールのアップデート(更新)
  4. モジュールの一時的な利用中止(非アクティブ)
  5. モジュールの削除
参考画像
モジュールの表示名の変更

メニューや表示画面におけるモジュールの名前を変更出来ます。
モジュールを新しくインストールした場合は、モジュール側で設定されたデフォルトの名前を設定します。(例:news)
この名前は、メニューやページヘッダーなどに利用されます。表示する名前を変更する時は、モジュール管理画面のモジュールのアイコンの下のテキストボックスの名前を変更します。(例:news を 新着情報に)
名前を変更したら、送信ボタンをクリックします。
モジュールの内容の確認画面が出ますから、良かったら送信をクリックします。

表示順(並び順)の変更

表示順の数値を変更することで、メニューでの並び順を変更可能になります。並び順は数値の小さい順に並び替えられれます。また、メニューに非表示にするには「0」を入れるとメニューに表示されません。
設定が終わったら、送信ボタンをクリックして変更します。

モジュールのアップデート(更新)

モジュールの新しいバージョンをサーバに転送したら、操作項目のアイコンをクリックして、モジュールのアップデートが出来ます。

モジュールの一時的な利用中止(非アクティブ)

アクディブ項目のチェックボックスのチェックを外すと管理画面・表示画面共に表示されなくなります。一時的に利用を中止にする場合に使用します。
設定が終わったら、送信ボタンをクリックして変更します。

※各設定項目の変更では、一度確認画面が出て変更部分が赤字で表示されます。確認後「送信」ボタンを押すことにより、新しい設定が反映されます。

参考画像

モジュールの削除

モジュールを削除するには、まず上記の要領で一時的に利用を中止します。すると操作の項目に削除アイコンが表示されてモジュールの削除が可能です。
注意:モジュールを削除する場合は、そのモジュールのデータをバックアップした後に行ってください。
注意:モジュールを削除しても、サーバからは削除されていません。完全に削除するにはサーバのファイルをFTPなどで削除する必要があります。

モジュールを追加するには?

モジュール管理画面下部に、サーバ上のmodules/ディレクトリ内にあるものの、インストールされていないモジュールのリストがあります。
操作項目から、フロッピーの付いたアイコンをクリックするとモジュールのインストール画面になります。
インストールしてよければ、インストールボタンをクリックしてインストールします。

参考画像


Previous
2.7 イメージマネージャー詳細
Top of contents Next
1.6 mainfileのパーミッション及びinstallディレクトリの削除
Back to Page Top
MainMenu
Manuals
Search
XOOPS Official & Dev.
XOOPS Communities