LOGIN ID Password Auto Login Register Now! Lost Password?
XOOPS2BasicManual
About XOOPS
JavaScriptをOnでご覧ください。

2.9.2 一般設定→ユーザ情報設定

ユーザ登録に関する設定をします。
新規ユーザの登録を許可する ルートコントローラ register.php の実行権限です。初期値は「はい」になっています。新規登録を止める場合はここを「いいえ」にします
パスワードの最低文字数 新規登録時やアカウント編集において、ユーザに許可するパスワードの最低の文字数です。初期値は5文字(byte)です。
サイト管理者としてユーザ管理から登録する場合はこの制限にかかりません。
ユーザ名の最低文字数(byte) register.php経由で新規登録する際に許可するユーザ名(ID)の最低文字数です。初期値は5byteです。
サイト管理者としてユーザ管理から登録する場合はこの制限にかかりません。
※ちなみに全角文字は1文字=2byteになります。
ユーザ名の最大文字数(byte) register.php経由で新規登録する際に許可するユーザ名(ID)の最大文字数です。初期値は10byteです。
テーブル仕様上、25byteを超えるユーザ名は不可能です。
ユーザ自身のEmailアドレス変更を許可する ユーザ自身で登録したEmailアドレスの変更を可能にしたい場合は「はい」にします。通常は「いいえ」になっています。XOOPSではパスワードを失念した際に仮発行する機能があるので、「はい」にした場合は運用に注意する必要があります。
新規ユーザ登録の際にメールにて知らせを受け取る 新規ユーザ登録があった際の通知の受け取り機能です。初期値は「はい」です。
通知先グループ 新規ユーザ登録があった際にメール通知するグループを選択します。通常は「サイト管理者」になっています。そのグループに所属するユーザ全員にメールが送られることに注意してください。
新規登録ユーザアカウントの有効化の方法 以下の3つから選びます。
  • ユーザ自身の確認が必要 ... 登録メールアドレスに確認メールを送り、メールアドレスの有効性が確認できたアカウントだけが有効になります。初期値です。「推奨」とされていますが、メールアドレスの有効性にこだわらなければ、特に必然性はありません。
  • 自動的にアカウントを有効にする ... メールアドレスなどの確認をとりません。オープンなサイトに向きます。
  • 管理者が確認してアカウントを有効にする ... 管理者がユーザ登録を手動で許可します。クローズドなサイトに向きます。
アカウント有効化依頼のメールの送信先グループ 「管理者が確認してアカウントを有効にする」を選択した場合の通知先のグループを選択します。
ユーザ名として使用可能な文字の設定を行います。文字制限の程度を選択してください。 以下の3つから選びます。
  • 強 ... 半角英数字とアンダーバー・ハイフンだけを許可します。
  • 中 ... 「強」に加えて、各種半角記号が利用できるようになります。
  • 弱 ... 000-040 のコントロール記号以外ならすべて許可します。

「強」が推奨されていますが弱で問題があるわけではありません。日本のサイトであるなら、ユーザ名に日本語が使える方がいろいろな意味で自然でしょう。
この設定も、register.php経由の場合にしか意味を持ちません。サイト管理者としてユーザ管理から登録する場合は自由にユーザ名を設定できます。
アバター画像のアップロードを許可する ユーザ自身に画像が付けられるアバター機能に、ユーザ自身で登録できるかを設定できます。通常は「いいえ」が設定されています。
アバターアップロード権を得るための発言数 フォーラムやコメントなどで複数回発言があったユーザにだけ、専用アバターのアップロードを許可する仕組みです
アバター画像の最大幅(ピクセル) アバター画像の最大幅です
アバター画像の最大高さ(ピクセル) アバター画像の最大高さです
アバター画像の最大ファイルサイズ(バイト) アバター画像の最大ファイルサイズです
ユーザが自分自身のアカウントを削除できる ユーザ自身でのアカウント削除を許可する場合は「はい」にします。アカウントが削除されると、フォーラムなどの投稿も、すべてゲスト扱いになってしまうので、安易に許可するべきではないかもしれません。
ユーザ名として使用できない文字列 ユーザ名に使わせたくない記号・文字列などを正規表現にして、半角の|で区切って入力します。
サイト管理者としてユーザ管理から登録する場合はこの制限にかかりません。
ユーザのemailアドレスとして使用できない文字列 特定のドメインからの登録を拒否する場合などに用います。拒否したいメールアドレスの正規表現を半角の|で区切って入力します。その正規表現にパイプ記号は利用できません。
利用許諾文を表示する 登録フォームに利用許諾文を表示するかどうかを設定できます。初期値は「はい」です。
利用許諾文 表示する利用許諾文の内容を編集できます。

Previous
2.9.1 一般設定→一般設定
Top of contents Next
2.9.3 一般設定→METAタグ/フッタ設定
Back to Page Top
MainMenu
Manuals
Search
XOOPS Official & Dev.
XOOPS Communities