LOGIN ID Password Auto Login Register Now! Lost Password?
XOOPS2BasicManual
About XOOPS
JavaScriptをOnでご覧ください。

2.15 アバター・マネージャー詳細

アバターシステム

アバターとは、登録ユーザが一つだけ持てる「顔」となるべき画像ファイルです。
各ユーザはサイトがあらかじめ用意したアバターを選択することもできますし、ユーザ自身で好みの画像をアップロードして自らのアバターとすることも可能です。 *1

アバターの正体は、uploads/ フォルダ直下に保存された画像ファイルです。出力HTMLとしては、このファイルを<img>タグで利用するだけなので、表示負荷は小さくて 良いのですが、権限のないサイト訪問者に容易に直ダウンロードされる恐れがあります。そのため、一応ファイル名もハッシュ化してあります。

サイトがあらかじめ用意したアバターをシステムアバターと呼び、ユーザが個別にアップロードするアバターをカスタムアバターと呼びます。

システムアバター・カスタムアバターともに、HTTP経由でアップロード・登録可能なのは、以下のいずれかの拡張子を持つファイルのみです。

  • gif
  • jpeg
  • jpg
  • png
システムアバター

システムアバターは、管理画面からのみ登録・削除・編集が出来ます。ユーザが選択しても、選択解除しても、画像そのものには影響はありません。

複数のユーザが同じシステムアバターを選択することも可能です。

uploads/ フォルダ内には、
savt(ハッシュ部).(拡張子)
という形で保存されます。

以前のXOOPSでは、システムアバターも同梱されて配布されていたのですが、著作権の関係でそれが出来なくなりました。現在は、インストール直後に用意 されているシステムアバターはありませんので、登録ユーザにシステムアバターを提供する場合は、なんらかの方法で用意する必要があります。

カスタムアバター

カスタムアバターは、サイト公開側の「アカウント情報」から登録することができます。また、カスタムアバターを利用しているユーザが、別のカスタムアバターを登録する時には、以前に利用していたカスタムアバターは削除されます。

カスタムアバターは、他のユーザの選択肢には出ないため選択不可能です。 *2

uploads/ フォルダ内には、
cavt(ハッシュ部).(拡張子)
という形で保存されます。

アバターマネージャ

以下の管理操作を提供します。

  • システムアバターの追加(アップロード)
    • アバターに名前をつける
    • 画像ファイルを1つずつアップロードする
    • アバター選択画面での表示順を指定する *3
    • 選択可能かどうかのON/OFF
  • システムアバター一覧
    • 各システムアバターについて名前を変更する
    • アバター選択画面での表示順を指定する *4
    • 選択可能かどうかのON/OFF
    • そのシステムアバターを利用しているユーザ数の表示
    • アバターの削除
  • カスタムアバター一覧
    • カスタムアバターを利用しているユーザの表示
    • アバターの削除 *5

いずれにせよ、このアバターマネージャは、とても使いづらいインターフェースであり、システムアバターの一括登録もありません。システムアバターを活用するのであれば、AVAMANのインストールがお勧めです。

http://www.peak.ne.jp/xoops/md/mydow-nloads/singlefile.php?lid=7

NOTE

*1 後者は、そのサイトの 一般設定→ユーザ情報設定 において「アバター画像のアップロードを許可する」を「はい」としてある場合のみ
*2 いったん保存した画像を、別のアバターファイルとしてアップロードすれば別です
*3 「イメージマネージャでの表示」などと書かれていますが、イメージマネージャとは何の関係もありません。完全な誤訳でしょう。
*4 ここでも「イメージマネージャでの表示」と書かれていますが、やはり誤訳です。
*5 明らかに不適切なアバター画像を管理者権限で削除する場合に限るべきでしょう


Previous
2.14 ユーザ宛メール送信詳細
Top of contents Next
2.16 テンプレートマネージャー詳細
Back to Page Top
MainMenu
Manuals
Search
XOOPS Official & Dev.
XOOPS Communities