LOGIN ID Password Auto Login Register Now! Lost Password?
XOOPS2BasicManual
About XOOPS
JavaScriptをOnでご覧ください。

7.4 システムモジュールアップデート

上書きアップロード後、場合によっては、モジュールアップデートを必要とする場合があります。おそらくは、リリースノート等にその旨が書いてあるとは思い ますが、コアのバージョンアップを一足飛びに行った場合などは、追いかけることも辛いので、とりあえずアップデートしておいた方が良いかもしれません。

モジュールアップデートが必要になる理由のほとんどは、システムモジュール等のテンプレートが書き換わった、というものです。

テンプレートをカスタマイズして運用している人にとっては、テンプレートの内容変更はとても重要であり、勝手に上書きされたらたまったものではありません。

モジュールアップデートを行う前に、altsysモジュールで、何がどう変わったのかをあらかじめ確認しておくと良いでしょう。FILEとDB-defaultとで、色が違うテンプレートが、モジュールアップデートの影響を受けるものです。

ここまで、「モジュールアップデート」とだけ書いていますが、通常、コアのバージョンアップで問題になるのは、システムモジュールです。コアチームからアナウンスがあった場合、システムモジュールのアップデートを行うことがほとんどです。

ただ、XOOPS 2.0.x系列は、アップグレードパッケージにも標準モジュールを同梱しているため、これらのモジュールのアップデートを要求されることもあります。

いずれにせよ、altsysモジュールで、影響をうけるモジュール(システムおよび上書きされた標準モジュール)のテンプレートについて、差異を確認しておくことをおすすめします。


※モジュール管理画面の矢印のアイコンが「アップデート」ボタン。


※altsysの表示例。色が変わっているものがオリジナルと差異のあるテンプレート。


Previous
7.5 コア・バージョンアップに伴う不具合
Top of contents Next
7.3 アップロード(バージョンアップ時)
Back to Page Top
MainMenu
Manuals
Search
XOOPS Official & Dev.
XOOPS Communities