LOGIN ID Password Auto Login Register Now! Lost Password?
XUGJ Wiki
Page Top

パンくずリストとは anchor.png

パンくずリスト(breadcrumbs list)は、ウェブサイト内におけるウェブページの位置をツリー構造を持ったハイパーリンクの一覧として示すもの

Wikipediaより引用

Page Top

XOOPSでのパンくずリスト anchor.png

Page Top

XOOPSへの実装手順 anchor.png

Page Top

1. xugj_assign.php を設置する anchor.png

xugj_assign.phpというファイル名にて、利用中のテーマ(theme.html)と同じ階層に保存します。
階層サブメニューに対応したxugj_assign.phpでも代用できます

Page Top

2. xugj_assign.php をテーマファイルに記述する anchor.png

利用中のテーマファイル(theme.html)に、xugj_assign.phpを読み込むための記述をします。

<{include_php file="file:$xoops_rootpath/themes/$xoops_theme/xugj_assign.php"}>

これを一行独立に「挿入」してしまうと、空行になってしまって、XML宣言違反になってしまうので、そのままXML宣言に続けるのが望ましいでしょう。見づらくなるのを避けるために、stripを利用するのも良い手でしょう。

<{strip}>
<{include_php file="file:$xoops_rootpath/themes/$xoops_theme/xugj_assign.php"}>
<?xml version="1.0" encoding="<{$smarty.const._CHARSET}>"?>
<{/strip}>

現実に、XML宣言部分で、xugj_assign.php の機能を利用することもないでしょうから、XML宣言文の次の行に挿入する、というのも手です。

Page Top

3. テーマファイルにパンくずリストを記述する anchor.png

利用中のテーマファイル(theme.html)のパンくずリストを表示させたい部分に下記を記載します。

<div id="theme_breadcrumbs">
 <a href="<{$xoops_url}>/">TOP</a>
 <{foreach from=$xoops_breadcrumbs item="item"}>
  &nbsp;&gt;&nbsp;
  <{if $item.url}>
   <a href="<{$item.url}>"><{$item.name}></a>
  <{else}>
   <{$item.name}>
  <{/if}>
 <{/foreach}>
</div>

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 8042, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2007-03-03 (土) 09:20:44
最終更新: 2014-01-13 (月) 22:06:01 (JST) (1376d) by starck
Back to Page Top
MainMenu
Manuals
Search
XOOPS Official & Dev.
XOOPS Communities