LOGIN ID Password Auto Login Register Now! Lost Password?
XUGJ Wiki

(番外編)XOOPS と SEO anchor.png

SEO(Search Engine Optimization - 検索エンジン最適化)というのは、Yahoo! や Google などの検索エンジンで、自分の作ったサイトがあるべき検索順位に表示されるようにするさまざまな努力をさします。SEO については、専門の業者もたくさんいますし、そのノウハウに関する書籍もたくさんあります。ここでは、XOOPS サイトを構築するにあたって簡単にできる SEO についてまとめます。

Page Top

SEOとアクセシビリティ anchor.png

最終的にウェブサイトを閲覧するのは人間ですが、その人間とサーバの間には UA(ユーザエージェント)が存在します。SEO というのは、検索用に情報収集するロボット(=UA)に好かれるようなサイト構築をすることを目指すわけですが、UA に好まれるように作るという点では、アクセシビリティに配慮したサイト制作テクニックとかぶる点が多々あります。ウェブバリアフリーの基礎知識を併読しておくことで、SEO にも役立つと思われます。

Page Top

キーワードを設定する anchor.png

まずは第一歩、 meta name/meta keywords/meta description を設定しましょう。XOOPSの一般設定 - METAタグ/フッタ設定 にて設定ができます。ここに何を記載するかはあなたの自由ですし、XOOPSであればいつでも変えることができます。いままで静的ページを作ってきた人なら幸せになれるでしょう。

ただし、本格的な SEO を考える場合は、meta description は、ページごと、個別になっていた方がよいと言われています。もし html ヘッダを自由に設定できるモジュールを使っている場合は、theme の description を削除して、個別に記述した方がよいかもしれません。

Page Top

構造化をしっかりする anchor.png

そもそもhtml文として正しいことである必要があります。html文の構造が正しくないと、ブラウザ側では表示されたとしても、機械的に解釈する検索エンジンでは内容を解釈できず放棄してしまうかもしれません。まずは正しいhtml文を書くようにしましょう。

html文が正しいかどうかは、構文チェックサービスなどを利用するのが良いでしょう。配布されているテーマファイルを利用する場合も事前にチェックしておくのが良いでしょう。

配布されているテーマやモジュールで、html文が正しくない場合は作者に連絡してあげましょう。

Page Top

メインメニュー(グローバルメニュー) anchor.png

メインメニューをきちんとしておくことで、検索エンジンが効率よくサイト内のコンテンツを収集できるようになります。人間が閲覧する際も、メインメニューが使いよくなければユーザが去っていくので、最低限のこととして整備した方がよいものと言えます。

なお、XOOPS は、メインメニューをブロックとして持っていますが、きちんとした SEO やユーザビリティを追求する場合は、theme に生書きするなどして、個別のメインメニューを作った方が近道です。

Page Top

Google サイトマップ anchor.png

効率的に検索エンジン向けに用意するものとしてサイトマップがありますが、XOOPSといったCMSを使ったサイトでは動的に変わる内容もあり、都度サイトマップを作るのは大変です。

そこでサイトマップモジュールを導入することで、サイトマップを自動的に生成することができます。当初はGoogle向けのサイトマップでしたが、現在では日本のYahoo! Sitemapでも共通の仕様となっています。

もし、サイトの構造がそれほど頻繁にかわらないサイトでしたら、サイト内のポイントになるようないくつかのインデクスページの sitemap.xml をつくるだけだったら、モジュールなどを導入しなくても、一枚ささっと書いて、rootpath/ においておくだけで十分かもしれません。

Page Top

RSSを出力できるようにする anchor.png

検索エンジン向けとして、自サイトのRSSを提供する方法があります。

以前は、XOOPSの標準モジュールのnewsを使うことによってRSSを出すこともできましたが、bulletin や d3pipes などモジュールによってRSSを出力する方法が一般的です。

Page Top

常に指定のRSSを出力する場合 anchor.png

theme.html へ以下のようにHEADタグ内に追記します。hrefの部分は適切なものに変更ください。

<link rel="alternate" type="application/rss+xml" title="RSS2.0" href="http://yourdomain.org/modules/bulletin/index.php?page=rss" />
Page Top

モジュールによって指定のRSSを出力する場合(推奨) anchor.png

theme.html へ以下のようにHEADタグ内に追記します。対応しているモジュールであればこの部分に上のようなRSSの行が付加されます。最近配布されているテーマには大概記載されていますが、古いテーマには無いことがあるので入れておくようにします。

<{$xoops_module_header}>
Page Top

SEOとURLのリライト anchor.png

動的なURLをmod_rewrite等を利用し静的に見せかけることがSEO的に有利か? にはかなり諸説があります。Googleでは動的の方が好ましいとしていますが、以下などを参考にしてみると良いかもしれません。ちなみにmod_rewriteを使って複雑な処理をすればするほど処理は重くなりますので、パフォーマンス面も忘れてはいけません。

Page Top

そのほか一般的な SEO anchor.png

上述の「構造化」もいわゆる一般的な SEO の手段なのですが、ほかにも、

  • ヒットを期待する文字列を文中に多用する
  • ヒットを期待する文字列の表記揺れも埋め込んでおく
  • 文字列において単語内で泣き別れがおこらないように注意する「日 時」や、疑似ジャスティファイのために一定の場所で開業してしまうことを避ける。

などに配慮することで、検索効率は向上します。

また、キーワードマイニングの一種ですが、検索エンジンは URL 文字列も検索の対象になっているので、モジュールインスタンスの名称などが自由につけられる場合は、意味のある英単語にすることで、微細ながらも SEO 効果が期待できると思います。

あと SEO において、かなりの即効性が期待できるのはなんといっても title 要素です。 文書に適切な title 要素をあてがうようにしてください。

XOOPS の SEO Tips とは離れていきますが、そのほか、

  • たくさんの被リンクをもらう
  • リンクをもらいやすいサイトポリシーを設定する
  • Flash や JavaScript 依存のメニューにしない

など、いろいろな技があるので、適宜導入してください。


トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 8907, today: 3, yesterday: 3
初版日時: 2007-12-22 (土) 23:44:42
最終更新: 2014-01-13 (月) 22:06:01 (JST) (1199d) by jidaikobo
Back to Page Top
MainMenu
Manuals
Search
XOOPS Official & Dev.
XOOPS Communities