LOGIN ID Password Auto Login Register Now! Lost Password?
XUGJ Wiki
  1. Packaging Docs (247d)
    • 2017-01-20 (金) 02:51:08 by leco1 差分
  2. ModuleManuals​/multimenu (1302d)
    • 2014-03-01 (土) 19:51:16 by marine 差分

      動作環境:XOOPS2.0.x、XOOPS Cube Legacy 2.1、XOOPS Cube Legacy 2.2(XoopsXディストリビューション)

  3. ModuleManuals​/d3downloads (1304d)
    • 2014-02-27 (木) 22:11:28 by marine 差分

      ※ XoopsXで、X-updateを利用すると、管理画面から簡単にインストールできます。

  4. ModuleManuals​/none (1305d)
    • 2014-02-27 (木) 17:18:26 by marine 差分

      ※ X-updateモジュールを利用すると、簡単に「テンプレート強化型none」が導入できます。管理画面でテンプレート編集などが可能で、色々な場面に利用できると思います。

  5. ModuleManuals​/WAKU (1346d)
    • 2014-01-17 (金) 09:39:38 by balloon 差分

      バージョン:1.22.1 配布元:WAKU - XOOPS 2(含派生)向け 汎用ファイル表示モジュール

  6. XOOPS Cube とは (1349d)
  7. XCl2.2 PACK 201X ディストリビューション (1349d)
    • 2014-01-13 (月) 22:06:02 by naao 差分

      XCl PACK 201X ディストリビューション anchor.png

      Page Top

      XCl PACK 2011 anchor.png

      Page Top

      仕様概要 anchor.png

      Page Top

      システム系 anchor.png

      Page Top

      コンテンツ作成 anchor.png

      Page Top

      Developer's Document anchor.png

      Page Top
      パッケージ開発者用のドキュメント anchor.png
  8. XOOPSCube​/Tubson (1349d)
  9. XOOPSCube​/​XOOPSCubeLegacyライセンス (1349d)
    • 2014-01-13 (月) 22:06:02 by domifara 差分

  10. XOOPSCube​/​XOOPSCubeLegacy動作環境 (1349d)
    • 2014-01-13 (月) 22:06:02 by domifara 差分

  11. XOOPSCube (1349d)
  12. XOOPSCube​/​XOOPSCubeLegacyコミュニティ紹介 (1349d)
    • 2014-01-13 (月) 22:06:02 by domifara 差分

  13. XOOPSCube​/​XOOPSCubeLegacyダウンロード先 (1349d)
    • 2014-01-13 (月) 22:06:02 by domifara 差分

  14. XOOPSCube​/XOOPSCube Legacyとは (1349d)
    • 2014-01-13 (月) 22:06:02 by domifara 差分

      2012-04-07 Distribution Pack Xoops X (ten) http://sourceforge.jp/projects/xoopscube22x/releases/

  15. XCLBasicManual​/SSLログイン (1349d)
    • 2014-01-13 (月) 22:06:02 by GIJOE 差分
      • 「mainfile.phpも書き換えなければならない」という勘違いが多く見られるが、少なくともこのSSLログインでは、mainfile.php の書き換えは一切不要である。
        もちろん、SSLでも平文でも、同じようにアクセスできるサイト、ということであれば、$_SERVER['https'] 等のサーバ変数を利用して、XOOPS_URL の設定を振り分けるのはよく知られた方法である。
  16. 質問する前に読むと参考になるかもしれないページ (1349d)
    • 2014-01-13 (月) 22:06:02 by lumbago 差分

      [Webサーバソフト]

  17. 正しいテンプレートカスタマイズ方法 (1349d)
    • 2014-01-13 (月) 22:06:02 by GIJOE 差分

      基本知識 anchor.png

      まずはこのサイトのベーシックマニュアルなどで、XOOPSのテンプレートの原理について理解すること。

      特に以下の違いの理解は重要

      テンプレート
      モジュールの出力で使われる必要な個々の雛形。HTMLが多いが、XMLやCSS、メールの雛形を提供するものもある。
      テンプレートセット
      実際に利用される雛形を決定するために、テンプレートをまとめたもの。defaultテンプレートセットのみが特別で、全種類のテンプレートを持っている。default以外のテンプレートセットは任意のテンプレートのみを持つことができる。
      Page Top

      テンプレートの分類 anchor.png

      Page Top

      XOOPS_ROOT_PATH/modules/(dirname)/templates/に置かれたファイル群 anchor.png

      実ファイル。 FTPなどでも確認可能。

      あくまで、モジュール作者が提供するデフォルトテンプレートであり、これが直接、テンプレートとして利用されるわけではない。(オリジナルのX2およびXCL2.1)。

      ただし、本家版2.0.14以降および、そこからフォークしたImpressCMSでは、一般設定において「defaultテンプレートセット」を選択したままだと、ここに置かれたファイルが、テンプレートとして直接利用されてしまう。

      この場所のファイルを書き換えても、モジュールのバージョンアップで上書きアップロードすれば、当然、書き換え結果は消されてしまう。

      これは、X2テンプレートの仕組み・意義を理解していない開発者による改悪だと思われる。

      Page Top

      defaultテンプレートセット内のテンプレート anchor.png

      DBテンプレート。ファイルとしては確認できない。 altsysやテンプレート管理などから確認可能。

      モジュール管理から、モジュールをアップデートすると、「XOOPS_ROOT_PATH/modules/(dirname)/templates/に置かれたファイル群」から、データベース内にコピーされる。(すでにあった、defaultテンプレートセットのテンプレート内容は上書きされる)

      オリジナルのX2およびXCL2.1では、この動作を経てはじめて、上記ファイル群の更新されたテンプレートが反映されることになる。

      Page Top

      カスタムテンプレートセット内のテンプレート anchor.png

      DBテンプレート。ファイルとしては確認できない。 altsysやテンプレート管理などから確認可能。

      ここでテンプレートセットごと「複製」してしまうと、カスタマイズする予定のないテンプレートまで複製されてしまい、モジュールを上書きアップデートしても、一向に反映されないことになる。 altsysのテンプレート管理画面、一番下にある「新規にテンプレートセットを作成する」から、ベースに「(空)」を選んで、セット名を入力し、「新規作成」する。 altsysの「テンプレートの高度な操作」に入り、「テンプレートを枠で囲う」をクリック。 再度、公開側を表示すれば、テンプレート単位で枠が囲ってあるので、編集したい枠内にある "Edit:" リンクをクリックして編集する。 ただしこの場合、defaultテンプレートを直接編集していることになるので*1)、編集終了後に、忘れずに編集したテンプレートについて、defaultからcustomテンプレートにコピーしておくこと。 それを忘れたままでいると、後でモジュールアップデートした時に変更内容が失われて泣くことになる。 これはモジュール作者がデフォルトテンプレートを更新する時に使う手段である。 モジュールユーザがこの手段を使うと、やはりモジュール更新時に泣くことになる。

      Page Top

      テーマ下テンプレート anchor.png

  18. XCLBasicManual​/アンインストール (1349d)
  19. XCLBasicManual​/引越 (1349d)
  20. XCLBasicManual​/バージョンアップ (1349d)
    • 2014-01-13 (月) 22:06:02 by jidaikobo 差分

      rsync が使える場合 anchor.png

      もし rsync コマンドが使える環境だったら、バージョンアップはかなり楽になるかもしれません。下記のようなコマンド一発でファイルを転送してしまい、あとはコントロールパネルからモジュールのアップデートをかけていく、ということになります(コマンドの内容は適宜編集が必要です)。

      rsync -auv --exclude="mainfile.php" /ローカルのXCL/xoops_trust_path/ ユーザ名@ホスト:xoops_trust_path
      rsync -auv --exclude="mainfile.php" /ローカルのXCL/html/ ユーザ名@ホスト:public_html
  21. XCLBasicManual​/バックアップ (1349d)
    • 2014-01-13 (月) 22:06:02 by jidaikobo 差分

      XOOPS のコンテンツは基本的に MySQL のなかに蓄積されています。MySQL のデータは phpMyAdmin をつかってとるか、GIJOE 氏のモジュール protector の「PREFIX マネージャ」のなかにある backup 機能を用いて取得できます。

      • AutoMySQLBackupのようなシェルスクリプトをcronで回して毎日自動バックアップするのも楽な方法です。
      • http://sourceforge.net/projects/automysqlbackup/
  22. ページ別名一覧 (1349d)
    • 2014-01-13 (月) 22:06:02 by nao-pon 差分
  23. 携帯対応​/携帯対応レンダラー (1349d)
    • 2014-01-13 (月) 22:06:02 by naao 差分

       XOOPS2の場合、プリロードのインストールと設定に一手間かかります。

  24. 携帯対応 (1349d)
    • 2014-01-13 (月) 22:06:02 by naao 差分
      外部サイトリンク用リダイレクト×
      外部CSS
      携帯端末情報の自動更新
  25. XCLBasicManual​/作業開始前にお読みください (1349d)
    • 2014-01-13 (月) 22:06:02 by fabi 差分

      自分は初心者だから・・・という方。まったく問題ありません。自分のわかる範囲でお書きください。間違っていたら誰かが直します。誤字脱字チェックだけだとしても立派な貢献です。こういったものは参加者の数こそが力です。数人でやったら何ヶ月もかかるものでも、何十人で取り掛かれば数日で終わるかもしれません。ちなみにX2 Basic Manualの時は、当サイトが本公開前にもかかわらず、40人以上の方が参加してくださいました。

  26. XCLBasicManual​/イメージマネージャーの概念 (1349d)
  27. XCLBasicManual​/イベント通知システムの概念 (1349d)
    • 2014-01-13 (月) 22:06:02 by hi-debow 差分

      XCLBasicManual

  28. XCLBasicManual​/テキストフィルタ(旧テキストサニタイザ) (1349d)
    • 2014-01-13 (月) 22:06:02 by hi-debow 差分
             $replacements[0][] = '<img src="'.XOOPS_URL.'/\\3" align="\\2" alt="" class="bbcode" />';
             $replacements[0][] = '<img src="'.XOOPS_URL.'/\\1" alt="" class="bbcode" />';

      画像禁止モード時でも[siteimg]だけは<img>に変換するのが良い。 理由は以下の通り

      • リファラー問題などは、外部画像以外では起きない
      • d3forumなどでは外部画像禁止モードがデフォルトとなっている
  29. XCLBasicManual​/ブロックの概念 (1349d)
  30. XCLBasicManual​/グループの概念 (1349d)
  31. XCLBasicManual​/コメントシステムの概念 (1349d)
  32. XCLBasicManual​/preloadについて (1349d)
    • 2014-01-13 (月) 22:06:02 by fabi 差分
      • preload集:ひよこむ - myCode
      • 技術的文章:SourceForge.net: xoopscube » The_Basic_Of_XCube_Delegate;ja
  33. XCLBasicManual​/テンプレートの編集 (1349d)
    • 2014-01-13 (月) 22:06:02 by fabi 差分

      最後に、「編集」ボタンを押せば、カスタマイズ完了です。
      テンプレート編修.gif, SIZE:500x333(34.9KB)

  34. XCLBasicManual​/テンプレートセットの複製・削除 (1349d)
    • 2014-01-13 (月) 22:06:02 by fabi 差分

      altsysを使ったテンプレートカスタマイズ方法を強くお勧めします。

  35. XCLBasicManual​/テンプレートシステムの概要 (1349d)
    • 2014-01-13 (月) 22:06:02 by fabi 差分

      DBテンプレート anchor.png

      Page Top
      メリット anchor.png
      Page Top
      デメリット anchor.png
      Page Top

      FILEテンプレート anchor.png

      Page Top
      メリット anchor.png
      Page Top
      デメリット anchor.png
      Page Top

      XCLにおける使い分け anchor.png

      XCL2.1の基本的な仕様(すなわちLegacy_RenderSystem)においては、テーマがFILEテンプレートです。 ただし、管理画面テーマなど管理画面関連のテンプレートは、Legacy_AdminRenderSystemが処理していて、すべてがFILEテンプレート(パスによるオーバーライドシステム)となっています。

  36. XCLBasicManual​/テーマ選択ブロックの設定 (1349d)
    • 2014-01-13 (月) 22:06:02 by fabi 差分

      もし、表示許可したくないテーマがあるのであれば、XCLBasicManual/​テーマセットの追加・変更の「選択可能なテーマ」の項目できっちりとOFFにしておく必要があります。

  37. XCLBasicManual​/テーマセットの追加・変更 (1349d)
    • 2014-01-13 (月) 22:06:02 by fabi 差分
      管理メニュー >> 互換モジュール >> テーマ管理
      管理メニュー >> 互換モジュール >> テーマ管理

      manifesto.ini.php anchor.png

      XCL用に作られたテーマであれば、theme.htmlと同じ階層に manifesto.ini.php というファイルがあるはずです。 このファイルにテーマの情報が書き込まれています。

      テーマ管理画面におけるパッケージ情報はここから得ています。逆に、パッケージ情報列に、ライセンスや最新版へのリンクがないテーマは、旧X2用であると判断することができます。

      manifesto.ini.php はphpのiniファイル形式で記述されています。実際に自分でテーマを作る際には、既存のファイルをコピーしてから書き換えることになるでしょう。

      cube_default テーマのmanifesto.ini.php

      <?php
      /**
      
      [Manifesto]
      Name="Default theme of Cube"
      Depends=Legacy_RenderSystem,legacy
      Url="http://xoopscube.sourceforge.net/"
      Version="1.0.0"
      
      [Theme]
      RenderSystem=Legacy_RenderSystem
      Format="XOOPS2 Legacy Style"
      Author=XOOPS Cube Project Team
      ScreenShot="screenshot.png"
      Description="Default theme of XOOPS Cube 2.1"
      W3C=NG
      
      License="GPL"
      
      */
      ?>

      このうち、RenderSystemに関しては注意が必要です。 これはテーマのレンダリングエンジンを指定する項目です。

      いくつかのテーマは、Legacy_RenderSystem以外の値となっていますが、そのレンダリングエンジンが有効になっていないと、テーマ管理画面から選択することさえできません。

      XCL用のレンダリングエンジンは複数有効にすることができます。 XCL2.1デフォルトでも、

      Legacy_RenderSystem=Legacy_RenderSystem Legacy_AdminRenderSystem=Legacy_AdminRenderSystem

      の2つが有効となっています。

      レンダリングエンジンを追加する場合は、settings/site_custom.ini.php に記述するのが良いでしょう。

      以下は、WizMobile用のレンダリングエンジンを追加する例です。

      <?php
      /**
      
      [RenderSystems]
      Legacy_WizMobileRenderSystem=Legacy_WizMobileRenderSystem
      
      [Legacy_WizMobileRenderSystem]
      root=XOOPS_TRUST_PATH
      path=/modules/wizmobile/class
      class=Legacy_WizMobileRenderSystem
      
      */
      ?>
  38. XCLBasicManual​/テーマの概要 (1349d)
    • 2014-01-13 (月) 22:06:02 by fabi 差分

      XCLにおいて、theme.htmlという名称のファイルは特別の意味を持ちます。/themes/テーマ名/theme.htmlという位置に置き、XCLBasicManual/​テーマセットの追加・変更でそのテーマ名を指定すれば、白紙のHTMLであろうとそれをテーマとして表示します。(もちろん表示されるページは「白紙」です)

  39. XCLBasicManual​/XOOPS2.0用モジュールとの互換性について (1349d)
    • 2014-01-13 (月) 22:06:02 by fabi 差分
  40. XCLBasicManual​/モジュールのアンインストール (1349d)
    • 2014-01-13 (月) 22:06:02 by fabi 差分

      XCLBasicManual

  41. XCLBasicManual​/モジュールのアップデート (1349d)
    • 2014-01-13 (月) 22:06:02 by fabi 差分

      アップデートモジュールのアップロード anchor.png

      インストール時と同様に、各モジュールのマニュアル、ダウンロードサイトの説明にしたがって、新しいモジュールのファイル群をFTP等にてサーバへアップロードします。基本的には、モジュールファイル群を上書きする形になります。

      D3モジュールのように、アップロードに注意するモジュール等がありますので、モジュールの説明をよく確認しておきましょう。

      Page Top

      管理画面よりアップデート anchor.png

      アップロードが完了したら、管理画面の互換モジュール->モジュールの管理の画面のバージョン欄を確認します。

      アップデートするモジュールのバージョン番号の横に、アップデートのアイコンが出ているので、これをクリックします。モジュールアップデートの確認という画面が出ますので、内容を確認後、アップデートのボタンをクリックしてください。

      モジュールアップデートの終了という画面が出て、エラーが出ていなければアップデート完了です。

  42. XCLBasicManual​/モジュールのインストール (1349d)
    • 2014-01-13 (月) 22:06:02 by fabi 差分

      インストール時のトラブルの例 anchor.png

      1. アップロードしたモジュールのアイコンが表示されない →modulesディレクトリにモジュールファイルが配置されていない →何らかの理由でxoops_version.phpが配置されていない
      1. Fatal error: require() [function.require]: Failed opening required '/....../xoops_trust_path/modules/pico/xoops_version.php' (include_path='.:/usr/local/lib/php') in /....../public_html/modules/pico/xoops_version.php on line 9 などと表示される →XOOPS_TRUST_PATHに適切にファイルが配置されていない
  43. XCLBasicManual​/コンテンツモジュールの入手 (1349d)
    • 2014-01-13 (月) 22:06:02 by fabi 差分

      XOOPS2.0の時代には「標準モジュール」として、掲示板(フォーラム)やニュースなどいくつかのコンテンツ用モジュールがXOOPS本体に標準添付されていました。それはそれで、すぐにサイトを開始できますし、モジュールがどういった物かのサンプルとして非常に便利だったのですが、一方作りとしても中途半端で未完成な物であったり、開発チームがそのモジュールのメンテナンスを継続的に行わなければならない、などの弊害も多く、XCLではコンテンツモジュールを標準添付することは止めてしまいました。

      よって、XCLを新規に立ち上げるユーザは、その目的に合ったモジュールを自分で探し、入手し、インストールしなければなりません。これは一見不便なようですが、システムコアが標準モジュールの呪縛から自由になりましたし、開発チームの負担も減りました。ユーザサイドから見てもセキュリティに難のある標準モジュールに手を出さずに済むというメリットもあります。今では旧標準モジュールの代替モジュールとして、より高機能で設計の新しい物がありますので、心配は無用です。また、XCLはXOOPS2.0と互換性がありますので、XOOPS2.0のパッケージから旧標準モジュールを抜き出して利用することも(いくつかの制約はありますが)可能です。

      目当てのモジュールを探したら、モジュール作者のサイトなどからダウンロードしてください。複数のバージョンが選択できる場合、可能な限り新しいものを選んでください。*1

  44. XCLBasicManual​/モジュール概要 (1349d)
    • 2014-01-13 (月) 22:06:02 by fabi 差分

      現在入手可能なXOOPS用「モジュール」には、先に上げた「ブログモジュール」「掲示板モジュール」の他にも「投票モジュール」「お問い合わせモジュール」「リンクモジュール」など多種多様なモジュールが公開されています。ほとんどのモジュールはライセンスにGNU GPLを採用していて、自由な改変・再配布が認められています。

  45. XCLBasicManual​/プライベートメッセージ (1349d)
    • 2014-01-13 (月) 22:06:02 by fabi 差分
  46. XCLBasicManual​/標準キャッシュモジュール (1349d)
    • 2014-01-13 (月) 22:06:02 by fabi 差分
  47. XCLBasicManual​/互換レンダーシステム​/一般設定 (1349d)
    • 2014-01-13 (月) 22:06:02 by fabi 差分
  48. XCLBasicManual​/互換レンダーシステム​/バナー管理 (1349d)
    • 2014-01-13 (月) 22:06:02 by fabi 差分
  49. XCLBasicManual​/互換レンダーシステム​/テンプレートファイル管理 (1349d)
    • 2014-01-13 (月) 22:06:02 by fabi 差分
  50. XCLBasicManual​/互換レンダーシステム​/テンプレート管理 (1349d)
    • 2014-01-13 (月) 22:06:02 by fabi 差分
  51. XCLBasicManual​/互換レンダーシステム (1349d)
    • 2014-01-13 (月) 22:06:02 by fabi 差分
  52. XCLBasicManual​/ユーザーモジュール​/一般設定 (1349d)
    • 2014-01-13 (月) 22:06:02 by fabi 差分
      新規ユーザの登録を許可する
      パスワードの最低文字数
      ユーザ名の最低文字数(byte)
      ユーザ名の最大文字数(byte)
      ユーザ自身のEmailアドレス変更を許可する
      新規ユーザ登録の際にメールにて知らせを受け取る
      通知先グループ
      新規登録ユーザアカウントの有効化の方法
      アカウント有効化依頼のメールの送信先グループ
      アバター画像のアップロードを許可する
      アバターアップロード権を得るための発言数
      アバター画像の最大幅(ピクセル)
      アバター画像の最大高さ(ピクセル)
      アバター画像の最大ファイルサイズ(バイト)
      ユーザが自分自身のアカウントを削除できる
      アカウント削除前の確認メッセージ
      ユーザ名として使用できない文字列
      ユーザのemailアドレスとして使用できない文字列
      利用許諾文を表示する
      利用許諾文
      ユーザ名の保存に使用するクッキーの名称
  53. XCLBasicManual​/ユーザーモジュール​/メールジョブ管理 (1349d)
    • 2014-01-13 (月) 22:06:02 by fabi 差分
  54. XCLBasicManual​/ユーザーモジュール​/アバター管理 (1349d)
    • 2014-01-13 (月) 22:06:02 by fabi 差分
  55. XCLBasicManual​/ユーザーモジュール​/ユーザーグループ管理 (1349d)
    • 2014-01-13 (月) 22:06:02 by fabi 差分

      ユーザーグループの削除 anchor.png

  56. XCLBasicManual​/ユーザーモジュール​/ユーザーランク管理 (1349d)
    • 2014-01-13 (月) 22:06:02 by fabi 差分

      実のところ、一般的な意味でランク(階級)と呼べる概念は、「特別ランク」だけです。特別ランクは、ユーザ編集から、ユーザ毎に設定することができます。*1

  57. XCLBasicManual​/ユーザーモジュール​/ユーザー検索 (1349d)
    • 2014-01-13 (月) 22:06:02 by fabi 差分

      なにも検索条件を設定しない場合、全ユーザーが対象になります。

  58. XCLBasicManual​/ユーザーモジュール​/ユーザー管理 (1349d)
    • 2014-01-13 (月) 22:06:02 by fabi 差分

      各ユーザーの右には管理用の操作ボタンが配置されています。

  59. XCLBasicManual​/ユーザーモジュール (1349d)
    • 2014-01-13 (月) 22:06:02 by fabi 差分
      1. ユーザー管理
      2. ユーザー検索
      3. ユーザーランク管理
      4. ユーザーグループ管理
      5. アバター管理
      6. メールジョブ管理
      7. 一般設定
  60. XCLBasicManual​/互換モジュール​/XOOPSコンフィグ (1349d)
    • 2014-01-13 (月) 22:06:02 by fabi 差分
      SMTPAuth
      SMTP Auth経由で送信する場合に指定。いわゆる自宅サーバの場合にはこの設定を使わざるを得ないケースが多いと思われる。Submissionポート(587)番を利用する場合は、SMTPサーバアドレスでポートを指定するのが重要。

トップ 印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Back to Page Top
MainMenu
Manuals
Search
XOOPS Official & Dev.
XOOPS Communities