LOGIN ID Password Auto Login Register Now! Lost Password?
XUGJ Wiki

XOOPS Cube Legacy のサイトをバックアップする為には、大きく分けて二つの要素をバックアップする必要があります。

  • ファイル群
  • MySQL のダンプデータ

バックアップする必要のあるファイル anchor.png

ファイルのバックアップについては、FTP クライアントソフトなどを用いてローカルに保存するなどしてください。バックアップをとる必要のあるファイル/フォルダは、基本的には下記のようなものです。

  • 公開側
    • mainfile.php
    • uploadsフォルダ(もしあれば)
    • preload(もしあれば)
    • my_language(もしあれば)
    • settings(もしあれば)
    • favicon.ico(もしあれば)
    • themes/YOURTHEME(もしあれば)
    • /modules/cubeUtils/include/conf_ml.​php(もしあれば)
    • /common/fckeditor/fckconfig.js(もしいじっていたら)
    • /common/fckeditor/fckstyles.xml(もしいじっていたら)
    • /common/fckeditor/fcktemplates.xml(もしいじっていたら)
    • /common/fckeditor/editor/filemanager/browser/default/connectors/php/config_and_auth.inc.php(もしあれば)
  • XOOPS_TRUST_PATH 側
    • uploadsフォルダ(もしあれば)

このほか、自分で追加/変更したファイルなどは、適宜バックアップをとる必要があるかも知れません。もしそういったファイルもなく、uploads フォルダに何もデータを溜め込まないようなサイトでしたら、究極的には mainfile.php だけ、バックアップするのでもかまいません。

あわせて、バックアップというのとは少々違うのですが、インストールしているモジュールの構成と、D2/D3モジュールなどでディレクトリ名を自由につけられるものであれば、変更したフォルダ名を覚えておく必要があります。

Page Top

MySQL のダンプデータ anchor.png

XOOPS のコンテンツは基本的に MySQL のなかに蓄積されています。MySQL のデータは phpMyAdmin をつかってとるか、GIJOE 氏のモジュール protector の「PREFIX マネージャ」のなかにある backup 機能を用いて取得できます。


トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 9587, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2008-08-18 (月) 21:03:26
最終更新: 2014-01-13 (月) 22:06:02 (JST) (1262d) by jidaikobo
Back to Page Top
MainMenu
Manuals
Search
XOOPS Official & Dev.
XOOPS Communities