LOGIN ID Password Auto Login Register Now! Lost Password?
XUGJ Wiki

基本的な手順は、新しいパッケージのアップロードと、モジュールのアップデートです。バージョンアップをかけるときについでにバックアップもとるようにするといいかもしれません。

  1. 既存の環境を壊さないように、ダウンロードしたパッケージから mainfile.php と install ディレクトリを取り除きます。
  2. 不要なファイルを取り除いたパッケージで、FTP を用いて上書きします。
  3. 「互換モジュール管理 > モジュールの管理」でアップデートを促す赤いアイコンのついているモジュールを片っ端からアップデートしてください。場合によっては、5つのモジュール(legacy, user, legacyRender, stdCache と使っているなら pm)もアップデートするといいかもしれません。
  4. Legacy の一般設定を使って、サイト閉鎖状態設定にして、アップグレード中の作業をユーザーさんから見えなくしてしまってもよいと思います。

個々のモジュールのバージョンアップについてはモジュールのアップデートをご覧ください。

rsync が使える場合 anchor.png

もし rsync コマンドが使える環境だったら、バージョンアップはかなり楽になるかもしれません。下記のようなコマンド一発でファイルを転送してしまい、あとはコントロールパネルからモジュールのアップデートをかけていく、ということになります(コマンドの内容は適宜編集が必要です)。

rsync -auv --exclude="mainfile.php" /ローカルのXCL/xoops_trust_path/ ユーザ名@ホスト:xoops_trust_path
rsync -auv --exclude="mainfile.php" /ローカルのXCL/html/ ユーザ名@ホスト:public_html

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 6774, today: 2, yesterday: 2
初版日時: 2008-08-18 (月) 21:10:41
最終更新: 2014-01-13 (月) 22:06:02 (JST) (1312d) by jidaikobo
Back to Page Top
MainMenu
Manuals
Search
XOOPS Official & Dev.
XOOPS Communities