LOGIN ID Password Auto Login Register Now! Lost Password?
XUGJ Wiki

XCLBasicManual

モジュールのインストール anchor.png

XCLになってから、コンテンツ用モジュールは同梱されていませんので、まず必要なモジュールを探さなければなりません。その後、入手したモジュールを解凍し(多くの場合zip等で圧縮されているはずです)、適切な位置に各ファイルを配置しなければなりません。モジュールに同梱されているREAD MEファイルなどで確認し、FTP等でアップロードしてください。また、xoops_trust_pathが必要なモジュールの場合、事前にそれを設定しておいてください。

Page Top

STEP1 インストール初期画面 anchor.png

モジュールファイルを適切な位置にアップロードし、「モジュールのインストール」を開くと概ね下のような画面になっていると思います。ここに並んでいるモジュールはすべて未インストールのモジュールです。インストールするには、そのモジュールの右側にある「インストールボタン」をクリックします。
インストール1.gif
もしこの時に、正しく表示できていない場合は、ファイルを配置する位置が間違っていたり、アップロードし忘れているファイルがある可能性が高いです。解凍ソフトやその設定によっては、解凍時に新たにフォルダを作ってその下に解凍する場合もありますので、モジュールディレクトリが二重になっていないかもチェックしてください。
また、「install the latest altsys」の表示が出る場合は、当該モジュールをインストールする前程としてaltsysモジュールそのもの、もしくはより新しいバージョンのaltsysを必要としますので、まずaltsysをインストール、もしくはアップデートしてください。altsysのファイルを適切な位置にアップロードした段階でその表示は消えるはずです。

Page Top

モジュール情報(インフォメーション) anchor.png

あまりクリックする人は少ないと思いますが、インストールボタン右にあるモジュール情報(インフォメーション)は、後々のカスタマイズなどにも利用できる非常に有用な情報を与えてくれます。一度クリックしてみてどんな情報が書いてあるか確かめてください。
また、これはモジュール管理にも同じボタンがあり、同じ物を見ることができます。
下はbulletinHDのモジュール情報です。
インフォメーション例.gif

Page Top

STEP2 インストールの確認 anchor.png

リスト画面でインストールボタンをクリックすると、インストールの確認画面が開きます。こうした二段構えになっているのは意図しない不用意なインストールを防ぐためですので我慢してください。ここでさらに「インストール」をクリックするといよいよインストールがはじまります。
インストール確認.gif

Page Top

STEP3 インストールログ anchor.png

そのあとはXOOPSが自動的にデータベースにモジュール情報を作成してくれます。ここで行われるのはデータベース(以下DB)にモジュールのテーブルを作成することと、XCL本体のDBテーブルにこのモジュールの設定情報を付加することです。ファイルは自分で適切な位置に配置したわけですから、この段階でPC用ソフトウェアのインストールのように新たにファイルが増えるわけではありません。
このログに「○○モジュールのインストールに成功しました。」と出れば一応インストールは成功です。
一応と書いたのは実はここで成功したのはあくまでDBにモジュールを登録できたと言うことであって、モジュール動作させるためにファイルが足りなかったりしても「成功」と表示されてしまいます。もし、その場合は該当モジュールの管理画面や表側のページでErrorやWarningが出てしまうかも知れません。

以下はaltsysをインストールした時のインストールログです。
インストールログ.gif

Page Top

STEP4 インストールの確認 anchor.png

インストールログで下にある「モジュール管理」のリンクをクリックしてみると、モジュールが追加されているのが判るでしょう。
さらにモジュールのインストールをしたい場合は「モジュールのインストール」の方をクリックします。
※実は一度に複数のモジュールを一気にインストールしてしまうのはあまりお薦めしません。もし、問題が発生した場合、どのモジュールが原因か切り分けが難しくなってしまうからです。
モジュールはひとつ一つインストールし、動作が確認できてから次のモジュールを入れるように推奨します。 インストール完了.gif

これでモジュールが利用できるようになりました。

なお、モジュールについての詳細は第三章 モジュールを参照してください。


トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 4782, today: 3, yesterday: 3
初版日時: 2008-06-12 (木) 17:29:04
最終更新: 2014-01-13 (月) 22:06:02 (JST) (1168d) by fabi
Back to Page Top
MainMenu
Manuals
Search
XOOPS Official & Dev.
XOOPS Communities