LOGIN ID Password Auto Login Register Now! Lost Password?
XUGJ Wiki

XCLBasicManual

圧縮ファイルを解凍する anchor.png

ダウンロードしてきたファイルを、+Lhaca等の解凍ツールを使ってローカルPC上で解凍します。

解凍した最上位のフォルダ名は、Package_Legacyです。

その内側に、「docs」「html」「extras」の三つのフォルダがあります。

Page Top

(補足)サーバー上での解凍 anchor.png

シェル操作が可能であれば、zipパッケージをサーバ上で展開する手もあります。 Unix系の場合には、unzipパッケージが必要です。

XCL2.1はzipのみの配布ですが、tar.gz で配布されているパッケージ(HDなど)の場合は、サーバ上で解凍することで、パーミッション設定が不要になるメリットもあります。

Page Top

Package_Legacy内のフォルダ anchor.png

「doc」フォルダ
インストールマニュアル等のドキュメントが入っています。
「html」フォルダ
インストール用ファイル群です。
「extras」
オプション的にサーバにアップロードするファイルが入っています。

通常、サーバにアップロードする必要があるのは「html」フォルダのみです。

Page Top

Package_Legacy/extras内のフォルダおよびファイル anchor.png

XUpgrade
X2からアップグレードする際に一度だけインストールするべきモジュールです。
extra_languages
追加言語定数が入っています。
extra_preload
ちょっとした機能変更を実現するpreloadが入っています。
system
X2のsystemモジュールです。X2用の古いモジュールの一部では、これがROOT/modules/に存在しないとエラーが出るケースがありますが、そういう場合にサーバに置きます。(通常インストールはしなくて構いません)
login.php
SSL環境がXCL動作環境と異なる場合に利用するSSLログイン用ファイルです。
Page Top

Package_Legacy/extras/extra_preload内のファイル anchor.png

これらの機能が必要であれば、適宜、ROOT/preload/ 内にコピーします。

AntiInstallerChecker.class.php
installフォルダが残っていてもXCLが動作するようにします。コアやディストリビューション開発者専用の機能です。
BBCodeNumSize.class.php
X2ではBBCodeのsizeで、フォントサイズの数値指定ができたのですが、XCL2.1では安全のために禁止されました。過去の書込で、フォントサイズに数値指定されているものが多い場合に、これを入れることで数値指定が有効になります。
DevelopPHPDebugger.class.php
開発者用preload。各種デバッグ処理をオーバーライドする時に使います。ただし、中身は空なので、自分で処理を書く必要があります。
ResignUserControl.class.php
ユーザの退会処理について、usersテーブルから消すのではなく、特定のグループに所属させる機能を提供します。これによって、退会者の書込がゲストになったりすることが避けられます。ファイルの先頭付近にある行で、退会者用グループ番号を指定してください。
UserInfoProtector.class.php
ゲストにはユーザ情報を見せなくします。

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 6706, today: 1, yesterday: 1
初版日時: 2008-06-09 (月) 20:44:16
最終更新: 2014-01-13 (月) 22:06:02 (JST) (1312d) by neko88
Back to Page Top
MainMenu
Manuals
Search
XOOPS Official & Dev.
XOOPS Communities