LOGIN ID Password Auto Login Register Now! Lost Password?
XUGJ Wiki
2: 2014-01-13 (月) 22:10:07 balloon ソース 現: 2014-01-17 (金) 09:39:38 balloon ソース
バージョン更新 | 配布先更新
Line 6: Line 6:
種別:静的コンテンツ ~ 種別:静的コンテンツ ~
作者:志賀 慶一 (旧 ADMIN @ ROUTE286)~ 作者:志賀 慶一 (旧 ADMIN @ ROUTE286)~
-バージョン:1.22~+バージョン:1.22.1
動作環境:XOOPS2.0、本家版2.3〜2.5、XOOPS Cube Legacy 2.1〜2.2、impressCMS~ 動作環境:XOOPS2.0、本家版2.3〜2.5、XOOPS Cube Legacy 2.1〜2.2、impressCMS~
-配布元:[[XOOPS モジュール WAKU(旧称: Auth モジュール)の紹介。 | 志賀 慶一:http://www.keiichi.st/xoops-%E3%83%A2%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AB-waku%EF%BC%88%E6%97%A7%E7%A7%B0-auth-%E3%83%A2%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AB%EF%BC%89/]]~+配布元:[[WAKU - XOOPS 2(含派生)向け 汎用ファイル表示モジュール:http://sourceforge.jp/users/keiichishiga/pf/WAKU/]]~
複製:手動 複製:手動
Line 71: Line 71:
    //  このソースを知っている人から直接参照されるのを逃れるため、     //  このソースを知っている人から直接参照されるのを逃れるため、
    //  必ず sample から変更して下さい。     //  必ず sample から変更して下さい。
 +    
    $waku_dir = "sample";     $waku_dir = "sample";
 +    
    // 直接パスを指定する事も可能です。     // 直接パスを指定する事も可能です。
    // できれば trust、lib・data フォルダのように     // できれば trust、lib・data フォルダのように
    // URL で参照できない場所に置くのがベストです。     // URL で参照できない場所に置くのがベストです。
    // $waku_dir = "/home/user/page";     // $waku_dir = "/home/user/page";
 +    
    // ● 区切り(デリミタ)     // ● 区切り(デリミタ)
Line 84: Line 84:
    // 不都合が生じている場合は "?" に変更して動作できます。     // 不都合が生じている場合は "?" に変更して動作できます。
    // この場合は index.php?ファイル名 となります。     // この場合は index.php?ファイル名 となります。
 +    
    $waku_delimiter = "/";     $waku_delimiter = "/";
 +    
    // ● Rewrite の使用     // ● Rewrite の使用
Line 92: Line 92:
    // 0 = 使用しない…… waku/index.php/ファイル waku/index.php?ファイル     // 0 = 使用しない…… waku/index.php/ファイル waku/index.php?ファイル
    // 1 = 使用する……… waku/ファイル ( .htaccess が必要)     // 1 = 使用する……… waku/ファイル ( .htaccess が必要)
 +    
    $waku_rewrite = 0;     $waku_rewrite = 0;
 +    
    // ● ページ変更の方法     // ● ページ変更の方法
Line 100: Line 100:
    // 1 = redirect_header を用いる……     // 1 = redirect_header を用いる……
    //      バナー広告が自動追加される環境はこちら。     //      バナー広告が自動追加される環境はこちら。
 +    
    $waku_redirect = 0;     $waku_redirect = 0;
 +    
    // ● 拒否する文字列     // ● 拒否する文字列
    // 「許可・拒否するユーザ群」の値で     // 「許可・拒否するユーザ群」の値で
    // 下に記載した文字列を入れた場合、拒否され、参照できません。     // 下に記載した文字列を入れた場合、拒否され、参照できません。
 +    
    $waku_deny = "/deny/";     $waku_deny = "/deny/";
 +    
    // ● ユーザの許可・拒否およびデフォルトファイル名     // ● ユーザの許可・拒否およびデフォルトファイル名
Line 124: Line 124:
    // 「拒否する文字列」に記載された文字列を入れると     // 「拒否する文字列」に記載された文字列を入れると
    // そのユーザは拒否となります。     // そのユーザは拒否となります。
 +    
    $waku_user = array (     $waku_user = array (
     "/default" => "index.html" );      "/default" => "index.html" );
 +    
    //$waku_user = array (     //$waku_user = array (
    // "user123" => "user.html",     // "user123" => "user.html",
Line 134: Line 134:
    // "/guest" => "/deny/",     // "/guest" => "/deny/",
    // "/default" => "index.html" );     // "/default" => "index.html" );
 +    
    // ● Content-Type に入れる MIME-Type     // ● Content-Type に入れる MIME-Type
    // "拡張子" => "MIME-Type", です。     // "拡張子" => "MIME-Type", です。
    // 記載されていない拡張子を表示する場合は追記して下さい。     // 記載されていない拡張子を表示する場合は追記して下さい。
 +    
    $auth_mimetype = array (     $auth_mimetype = array (
     "ai" => "application/postscript" ,      "ai" => "application/postscript" ,
Line 148: Line 148:
     "xyz" => "chemical/x-xyz" ,      "xyz" => "chemical/x-xyz" ,
     "zip" => "application/zip" );      "zip" => "application/zip" );
 +    
このままアップロードし、管理メニューよりインストールして下さい。 このままアップロードし、管理メニューよりインストールして下さい。
Line 184: Line 184:
    // "拡張子" => "MIME-Type", です。     // "拡張子" => "MIME-Type", です。
    // 記載されていない拡張子を表示する場合は追記して下さい。     // 記載されていない拡張子を表示する場合は追記して下さい。
 +    
    $auth_mimetype = array (     $auth_mimetype = array (
     "ai" => "application/postscript" ,      "ai" => "application/postscript" ,
     "aif" => "audio/x-aiff" ,      "aif" => "audio/x-aiff" ,
 +    
     :      :
 +    
     "xyz" => "chemical/x-xyz" ,      "xyz" => "chemical/x-xyz" ,
     "zip" => "application/zip" );      "zip" => "application/zip" );
Line 213: Line 213:
    // 「拒否する文字列」に記載された文字列を入れると     // 「拒否する文字列」に記載された文字列を入れると
    // そのユーザは拒否となります。     // そのユーザは拒否となります。
 +    
    $auth_user = array (     $auth_user = array (
     "user123" => "user.html",      "user123" => "user.html",
Line 247: Line 247:
自分でサーバを建てている場合であれば、 自分でサーバを建てている場合であれば、
httpd.conf に直接記載しても大丈夫です。 httpd.conf に直接記載しても大丈夫です。
 +    
これが不可能である場合、また IIS 等の他サーバである場合は これが不可能である場合、また IIS 等の他サーバである場合は
区切り(デリミタ) を変更する事で対応できます。 区切り(デリミタ) を変更する事で対応できます。
Line 255: Line 255:
    // Apache 2.0 系で PATH_INFO の取得ができない設定にしてある場合は     // Apache 2.0 系で PATH_INFO の取得ができない設定にしてある場合は
    // "?" に変更して下さい。index.php?ファイル名 となります。     // "?" に変更して下さい。index.php?ファイル名 となります。
 +    
    $auth_delimiter = "/";     $auth_delimiter = "/";


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 4161, today: 2, yesterday: 4
Back to Page Top
MainMenu
Manuals
Search
XOOPS Official & Dev.
XOOPS Communities